So-net無料ブログ作成
検索選択

バルセロナ三日目 ~お宅(Casa)拝見その④ とグエル公園~ [旅行(スペイン)]

やっと滞在三日目です・・・(^^;)

7月14日(土) 午前

9時過ぎに、ホテルフロントスペイン情報センターの方と待ち合わせ。代理購入をお願いしてた闘牛のチケットをゲット!チケットと一緒に、パンフレットももらいました~♪

スペイン情報センターの方によると、うちらが見る日(15日)には、とっても有名な闘牛士が出演するとのこと。有名な闘牛士が出演すると、技術もすごいし観客のヤジも面白く、見所がたくさんあるらしい。この「有名」な闘牛士。闘牛の技術でもちろん有名なんですが、女性関係でも有名らしい。女性関係が激しくて、よくワイドショーネタになってるんだとか・・・興味深い!!!

さて、この日もバルセロナは良いお天気。椰子の木がいいねぇ~。

まず、前日に時間がなくなって(バトリョさんとミラさん家に時間かけすぎた・・・笑)行けなかった、ビセンスさん家に行きました。

Casa Vicensとは、ガウディの処女作であり、ビセンスさんの週末の家として作られた建物です。

ビセンスさんがタイル業者だったため、建物にはタイルがふんだんに使われてます。今まで見たガウディ作品とは雰囲気が全然違う。個人宅のため中に入れないので、周りをうろちょろ。住宅街にひっそり建ってるこの家、観光客はちっともいませんでした。朝早かったからってのもあるかもだけど・・・

ビセンスさん家のそばからタクシーでグエル公園に向かいました。(グエル公園は地下鉄で行くことも可能ですが、最寄りの駅から15分ほど坂を登らないと到着できないので、タクシーがお勧め!)グエル公園入口。

グエル公園は、もともとガウディの設計した分譲住宅で、1900年~1914年の間に建造されました。グエル伯爵(ガウディの生涯のパトロン)が、バルセロナを見下ろすこの土地に、イギリス風の閑静な住宅街を造ろうとし、正門から中央広場にかけてのパブリックスペースの建設をガウディに依頼したそうです。買い手がつかず、結局売れたのは(60軒中)2軒のみでした。(その2軒の買い手はガウディと発注者のグエルさん。)グエルさんの没後に工事は中断し、市の公園として寄付され、1984年に世界遺産に登録されました。

入り口に向かって右側に門番小屋、左に管理事務所がありました。(現在はショップ。)門番小屋。管理事務所。

この2つの建物は、やわらかいタッチでかわいい!おとぎ話に出てくる家みたい!サルバドール・ダリが「まるでタルト菓子のようだ」と賞賛したらしい。

入り口の階段を登る途中に人気者発見!

色鮮やかなタイルを貼られたトカゲくんです。グエル公園のマスコットって言うんでしょうか。とっても人気があって、みんな触ったり写真を撮ったりしてました。(私もしばらく待ってツーショットを撮りました(^▽^)v)近くで見ると・・・なんか、口からちょろちょろ吐いてるみたい。笑

入り口両側の階段を登ると柱がたくさんありました!(86本あるらしい)

天井を見ると、モザイクが。太陽と月かなあ・・・?

この柱は中が空洞で、上の広場に降った雨が砂によって濾過され、柱の中の水道管を通って貯水されてるそうです。すごいよ、ガウディ!!!そして・・・なんとっ!地下貯水池の放水口が、入り口のトカゲくんだったりします。トカゲくんはタダ者ではなかったんですね~。ガウディってば遊び心があるのね。

ちなみにこの柱の色の変わってる部分(白っぽいところ)は、外側と奥では高さが異なってるんです。目の錯覚を利用して広く見せるためだそうです。ガウディってば・・・ニクい・・・

この柱たちが支える上の広場。

波打ってるカラフルな部分は、ベンチの背もたれなんです。このベンチ、実際に人を座らせて型を取ったそうです。背もたれがきれいな姿勢を保つ角度になってるらしい!
背もたれ。タイル使いがステキ。広場から見た管理事務所。やっぱりかわいい。

広場から、バルセロナが一望できます。奥にうっすら海が~!

広場の奥にも貯水用の柱が。

広場を別の場所から見るとこんな感じ。

広場を過ぎると、その先はすっかり公園でした。いろんな道があり、草木や花がたくさん植えられてました。公園内に、唯一人が(今でも)住んでる家がありました。見学中、ちょうど中から人が車に乗って出てきた!「町中に行くの大変だろうなあ・・・」と余計な心配をしてみたり。 

公園にはこんな石の回廊がありました。椰子の木っぽい・・・?

この回廊、中にちゃんと頑丈な骨組みがあり、わざわざ石をこんな風に被せてるらしい。

公園内にあるもう1軒の家(ガウディが住んでた家)は、現在「ガウディ博物館」になってます。(ここには、ガウディのデザインした家具やガウディが使用したベッドなどが置かれてます。(入場チケットは、サグラダファミリアの入場チケットとの共通券を購入するのがお得です。)

 

グエル公園は、ちょろちょろガウディのデザインが施された公園だと思ってたんですが、私の想像を遙かに超える公園でした!細かい部分まで計算し尽くされた公園だったとは思いもよりませんでした。見た目の美しさだけではなく、機能性、遊び心を追求した設計なんですね。甘く見ててごめんね、ガウディ・・・(>人<)

すごい!でも、作るのは大変だったに違いない・・・

 

続く・・・ 

 

*関連URL*

グエル公園 (www.casamuseugaudi.org) 


nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 7

いっぷく

とても開放的な公園で居心地よかったですね、眺めもいいし。
坂道のんびり歩いて行きましたよ、もちろん帰りも歩きでした。
やっぱり、何度か写真や映像で見てましたがそれ以上の公園でしたね。
by いっぷく (2007-07-31 07:41) 

自由人

開放感溢れ、遊び心取り混ぜ、単純に楽しみだけを追求しているかと思えば、柱の中に、雨水を通して、貯水するなど、きっちり実用性も兼ね備える、ガウディさんの設計のバリエーションの豊富さは、追随を許さないですね~。

そこに住める人は、幸せですよねえ♪
維持管理は大変そうですけど(余計なお世話・・・・・か?)
by 自由人 (2007-08-02 07:29) 

dogwood

いっぷくさん>
いつもniceとコメント、ありがとうございます!
人がたくさんいても、開放感があって景色がキレイだから落ち着けますよね。バルセロナの人たちは気軽にグエル公園に来られていいなあ~ってちょっと羨ましくなりました。


xml_xslさん>
今回もnice頂き、ありがとうございます!


自由人さん>
nice&コメントありがとうございます!
すべての麺を考慮して綿密な計画を立てたガウディってすごいですよね。やっぱり「世界のガウディ」です。
計画が中断したから今のステキな公園の形になってるんだなと思うと、計画倒れして良かった~と思っちゃいました。グエルさんとガウディには申し訳ないですが・・・笑
維持管理は大変そうでした。なんとなく。私もちょっと心配しちゃいましたよ!
by dogwood (2007-08-02 21:05) 

Jylland

さっそくお邪魔しちゃいました!
デンマークはここ最近寒いので、太陽いっぱいのスペイン、まぶしいです。
シンプルな北欧デザインもいいけど、明るいラテンのカラフルさもまたいい
ですよね!
by Jylland (2007-08-02 21:45) 

dogwood

Jyllandさん、ようこそです~!(^▽^)
最近のデンマークの天気ってなんなんでしょうね・・・早くバルセロナみたいな夏になってほしい!!!
引き続き、よろしくお願いします♪
by dogwood (2007-08-03 04:03) 

junco

すごいカラフルですね!
きれーい。
グエル公園のマスコット?可愛すぎる!!(笑)

スペインはドラクエの中に登場するような建物がたくさんですね。
憧れっす
by junco (2007-08-20 22:48) 

dogwood

そうなんです!カラフルでかわいらしいんです。
このとかげくん、気に入ったためお土産でちっちゃいのを買って帰りました。かわいい・・・

ドラクエ!確かに!!!笑
ドラクエは4が一番好きかも。え?聞いてないって?
by dogwood (2007-08-20 23:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。