So-net無料ブログ作成
検索選択

ソグネフィヨルドへの旅 三日目 ~フィヨルドツアー 導入編~ [旅行(ノルウェー)]

8月26日。朝起きたら雨。前の日同様、しとしとしとしとと雨が降ってました。天気予報を見ると、「ベルゲン:雨」「フロム(この日向かう方面):曇りのち晴れ」となってたので、天気予報が当たることを祈りながらホテルを出ました(>人<)。雨のせいで気温は低め。今年初めて「吐く息が白い」のを体験しました!(あんまりうれしくない体験だけど。笑)雨のベルゲンの港。

この日は、ソグネフィヨルド見学ツアーの日でした。私たちがまわるルートは、電車、船、バスを交通手段として、一日かけて山間の地域やフィヨルドをまわるツアーです。(個人旅行なので、「Fjord Tours」というフィヨルドツアーを取り扱ってるURLからオンラインでツアー申し込みをしました。)

時間割はこんな感じ。

  •   8:40 BERGEN→MYRDAL (電車)
  • 10:55 MYRDAL→FLÅM (電車)
  • 15:10 FLÅM→GUDVANGEN (船)
  • 17:45 GUDVANGEN→VOSS (バス)
  • 19:20 VOSS→BERGEN (電車)   ベルゲン到着20:34

色んな場所に色んな見所があって、なかなか盛り沢山なツアーなんです。

 

ところで・・・そもそもフィヨルドってなんだっけ?

昔から「フィヨルド」って単語は知ってたし、フィヨルドの画像イメージはすぐ頭に描けるんですが、「言葉で説明できないじゃん」って気付きました。笑

フィヨルド(Fjord)とは、ノルウェー語で「氷河による浸食により複雑な形状をなしている入り江」を意味します。フィヨルドは、「氷河」によって形成されたU字谷が沈水して形成されたものです。

氷河とは、数万年もの時間をかけて数千mも降り積もった雪が融けずに固まり、氷へと変化したものです。氷河は、自分自身の重みによって、(速くても1年間に数百mというスピードで)山の斜面を下り、滑りながら底にある地面を深く鋭く削り取り、深いU字谷を作っていきます。フィヨルドは、氷河時代の終わりごろに氷が融けて海面が上がったときに、この深い谷の一部が海に沈むことで形成されたんです。

ちなみに、ソグネフィヨルド(Sognefjord)は、世界一長くて深いフィヨルドとして知られてて、長さが204km、水深は一番深いところでは1308mに及ぶそうです。

 

さて、日曜のベルゲンはとってもひっそりしてて、殆ど人が歩いてないし、車の通りも殆どない。日曜の朝のコペンみたい!とちょっと思ったり♪電車が出発するベルゲン駅に到着したのは8:20頃・・・ベルゲン駅。なかなかステキな駅舎♪

出発までちょっと時間があるな~、早かったかな~?と思いつつ、ホームに行くと・・・

なんとっ!!!すごい人っ!!!(@_@)

乗る電車は既にホームに停車してて、各扉の前に長蛇の列ができてるじゃないですかっ!!!良い席を確保するためにみんな早めに来て並ぶらしい・・・自由席だから早い者勝ちってなわけです・・・かなり出遅れた系?!(^o^;)

とりあえず前の方の車両の列に並びました。電車を覗くと、成田エクスプレスみたいに「進行方向に向いて座る席」と「進行方向に背を向けて座る席」とがありました。事前にFjord Tours事務所に電話して「進行方向に向かって左側の席が良い」こと聞いといたので、的を絞って、「進行方向に背を向けて座る席の右側(つまり、進行方向左側)の席をゲットしよう。(進行方向に背を向けて座る方が、進行方向に向かって座るより外の景色を長く味わえるという主人のナイスな判断により。)」となりました。

ドアが開いたとき、結構恐かった・・・みんな「我先に」ってすごい勢いで乗り込むんですよ。まるで、日本のデパートの初売りの日に福袋をゲットするために人々がデパート開店と同時に走り出すような感じ・・・デンマークに来てからそういう「バトル」の場面に遭遇してなかったので一瞬引いた・・・けど、突如と「負けないっ」って気持ちがメラメラ湧き?頑張って進行方向左側の席をゲット!

今後乗る電車、船、バスもこうやって席確保のために戦わなきゃだめなのかな~?だったら頑張らなきゃ~と思いつつ、電車が走り出しました・・・雨いっぱい・・・(>_<)

 

教訓:

  1. 「フィヨルドツアーは8:00頃駅に着いといた方がいい。」
  2. 「予め座りたい席(進行方向に向かってどっち側がいいかとか進行方向を向きたいかそうでないかとか)は決めといた方がいい。」
  3. 「周りの勢いに恐れずにがんばる!」

 

続く・・・

 

 

*関連URL*

Fjord Tours URL (http://www.fjordtours.no/default.asp

Aurlandfjord(アウランフィヨルド)URL (http://www.aurlandsfjord.com/pictures.htm

Naeroyfjord(ネーロイフィヨルド)URL (http://www.naeroyfjord.com/pictures.htm

Flåm地区のURL (http://www.visitflam.com/default.asp

スカンジナビア政府観光局 ソグネフィヨルド ページ (http://www.visitscandinavia.or.jp/jp/norway/fjord/sogne.aspx


nice!(2)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 7

Y

朝早い時間って、人が少なくてなんか好きだなぁ。
ベルゲン駅も素敵な感じだね。
それにしても、みんなやる気まんまんな人達ばかりなのね。
ちょっとびっくり。
私もフィヨルドツアーに行く事があれば、りんごちゃんの教訓を
しっかりと生かそうと思います。
「進行方向に背を向ける」というミスターの判断、素敵です☆
by Y (2007-09-17 23:52) 

UD

ずっと外を見ていれば「進行方向を向く」のと「進行方向に背を向ける」では景色を見る時間に違いは無いはずなんですが、まず数時間ずーっと景色を見ていることはないです(自分達だけ?)。で、良い景色に気づいたり、アナウンスがあるのって景色が見える直前だったりするので、背を向けた方が、景色に気づいてからの時間が長くとれる、という訳です。それよりも、空き空きの列車に行って、前も後ろも見た方がいいですね。
by UD (2007-09-18 00:56) 

Mimosa

ベルゲンの駅舎、とっても素敵ですね~☆
電車の席とり、お疲れ様です!朝早くから、そんなに激しい席とりだったんですね~。なるほど、進行方向に背を向ける席の方がいいという考えもあるのですね・・・。
フィヨルドツアーの続き、楽しみにしています!
by Mimosa (2007-09-18 08:04) 

Jylland

私、進行方向に背を向けて座ると酔うんです(笑)。
でもたしかに、そのほうが過ぎ去る景色を楽しめますよね。
なるほど。

さすがに北のノルウェーは寒そうですね。
よく、日本人で「9月の北欧、まだ夏服でも大丈夫ですか?」とか
聞かれるんですが、トンデモナイ!ですよね(爆)。
by Jylland (2007-09-18 16:31) 

dogwood

Yちゃん>
朝のベルゲンは人が少なく、ひっそりしてて、空気が澄んでてとってもいい感じだったよ。コペンの日曜朝みたいじゃない?
みんなのやる気にはびっくりしたよ。負けないようにがんばった!笑


UDさん>
そっか、そういうことですね。
空いてる車両で色んな方向から景色を楽しめるのが一番ですよね~。って観光シーズン中にはムリか(>_<)


Mimosaさん>
席取りの熱気?殺気?で目が覚めましたよ!笑
久しぶりに見知らぬ人たちと争いました~。ちょっと面白かったです。
フィヨルドツアーは始まったばかりです!続きに乞うご期待!笑


Jyllandさん>
あ、ほんとです??!!私も進行方向向いてないと酔います。でも、今回は頑張ったんですよ。気合いが入ると気持ち悪くならないもんですよ~。笑

ノルウェーは8月でも寒かった・・・さすが北国です。
デンマークもすっかり寒くなりましたよね。冬コート着てもおかしくない気候だ!夏服なんて、凍死しちゃいますよ!笑
by dogwood (2007-09-19 22:49) 

いっぷく

先を争って乗りこむなんてなんだか懐かしい風景かも。
どこも最近はきちんと並ぶ所が多くて。
でもそういう状況になったらいち早く乗りこもうとしちゃう
タイプが自分だろうって気がつきました。(^^ゞ )
by いっぷく (2007-09-20 22:22) 

dogwood

私も久しぶりの争奪戦?参加だったのでとまどいました。でも、すぐがんばれましたよ!「負けるもんかっ!」ってマジで思いました。
のんびりしたデンマークに住んでるけど、日本のおばちゃん根性?は健在でした(^▽^;)

またまたniceありがとうございまっす!
by dogwood (2007-09-22 03:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。