So-net無料ブログ作成

ひよこサブレとオーストリア [旅行(オーストリア)]

ウィーンへの旅から既に1ヶ月以上経ってしまいましたが、未だに話題をひっぱっております・・・ドンマイ(^▽^;)

この年末年始、微妙に「身の回りのオーストリア関連事実」に感動してました。ウィーンに行かなかったら気付かなかったであろう出来事がちらほらあったんです。そういうことってありませんか?旅から戻ったら、今まで注目してなかった物が急に鮮明になったり、親しみが湧いたり・・・

これ「ひよこ本舗吉野堂」の「ひよ子サブレ」です。ここのお店は、どっちかっていうとひよ子まんじゅうの方が有名ですかね。年末に実家から荷物が届き、母がこっそりひよ子とひよ子サブレを入れてくれたんです。そして、ひよ子サブレのパッケージを開けたら・・・

な、な、なんとっ!!!

商品紹介用紙の真ん中の方に、「・・・お菓子のふるさとオーストリアより、菓子技術者としては最高の名誉である”マイスター”の称号をもつヴェルナー・エベナウワー氏をお招きして・・・」と書いてあったんです!!!このオーストリアのマイスターの指導のもと、吟味に吟味を重ねて出来上がったのが、ひよ子サブレなんだそうです。

今までだったら読み流してさっさと捨てちゃったであろうこの紙。ウィーンに行ってウィーンのスイーツに触れたがために、心をつかまれちゃいました~!ひよ子サブレの起源はオーストリアなのか・・・となぜか感慨深くなってしまいました。

 

これまた年末なんですが、随分久しぶりにべるばらこと「ベルサイユのばら(作者:池田理代子)」を読みました。フランス革命を取りまく様々な人々の運命を描いたマンガなんですが、第1巻の前半が、マリー・アントワネットと母マリア・テレジアに焦点を当ててて、シェーンブルン宮殿が出てきたり、ハプスブルグ家の婚姻政策について書かれてたり、まさに、オーストリアなわけ。べるばらは過去に何度か読んだりアニメの再放送を見たことがあったけど、まったくもってシェーンブルン宮殿とかハプスブルグ家の婚姻政策とかスルーしてました~。ウィーンに行ったことで、べるばらがより一層面白くなったのです。

・・・余談ですが、べるばらには、マリー・アントワネットとフェルゼン青年との恋についても描かれてるんですが、このフェルゼン、スウェーデン貴族だった!ここも、今までスルーしてた。フェルゼンがスウェーデン出身って認識したことで、フェルゼンの動向が激しく気になった。

ちなみに、スウェーデンのステーニンゲ城(Steninge Slott)は、フェルゼンゆかりの場所として知られてるらしい。行かなきゃ!?笑

 

更に更に・・・これはウィーンに行く直前に思い出したことなんですが・・・オーストリアと言えば、「The Sound of Music」の舞台。すっかり忘れてました。

小学校の時、アメリカの現地校でコーラス部に入ってて、定期的にコンサートを開いてはミュージカルソングを歌ってたんです。当然、「The Sound of Music」からもいくつか歌ってたんです。で、オーストリアと「The Sound if Music」が繋がった瞬間、ある歌詞がぱーっと頭を駆け抜け、衝撃を受けました。それは、"My Favorite Things"という歌。この曲の2番の歌詞に、

Cream-colored poys and crisp apple strudels;

Doorbells and sleigh bells and schnitzel with noodles;

という部分があるんです。当時は、特に深く考えずに歌ってたんですが、今思うと、「apple strudels」も「schnitzel」もオーストリア料理じゃん!!!何気なく歌ってた歌詞が、ウィーンに行くことで実態をもって蘇ったわけです。妙に感動。そう言えば、本場でschnitzel食べたけど、apple strudel(りんごのパイみたいなもの。ハプスブルグ家発祥)は食べなかったなぁ・・・

 

いやぁ~、旅行に行くと、色んな繋がりや発見があるもんですね。旅先で、名所や食に感激するのもいいけど、旅を通してこういった「間接的な感動体験」をするのもいいもんですね♪

 

というわけで、ウィーン旅行はこれにて終了で~す ♪(^▽^)♪

 

*関連URL*

ひよこ本舗吉野堂URL (http://www.hiyoko.co.jp/shohin/hiyoko.html

Steninge Slott URL (http://www.steningeslott.com/wsp/steningeslott3/frontend.cgi?session=ec1612274433cc0b3a1918e819098b&func=publish.index&design=english

The Sound of Music (Wikipediaより) (http://en.wikipedia.org/wiki/The_Sound_of_Music_(film))


nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 8

Jylland

ひよこサブレにそんな歴史があったとは!
今度からもっと味わって食べなきゃあ。

ベルばら、言われてみて思ったけど、確かにヨーロッパにいる今、
改めて読んだらもっと身近に感じられそうな気が!キャンディ・キャンディ
もたしかイギリスの話だったし・・・あのころの少女漫画って、ヨーロッパに
憧れていたのかな。

日本に行ったら、漫画喫茶にこもって全巻読破したいっす。
by Jylland (2008-01-20 02:37) 

hideyuki2007y

お菓子のひよこ本舗はオーストリアかぶれだったのですね。千鳥屋という饅頭の会社もひよこに対抗してか、チロリアン(Tirolian)というお菓子を製造販売しています。両社とも私のふるさと福岡県が発祥の地でして、子どもの頃からお土産や贈り物などのチャンスにもらったものです。あーなつかしい。
by hideyuki2007y (2008-01-20 04:08) 

krause

ひよこサブレのはなし、興味深いです。
by krause (2008-01-20 14:06) 

冬萌まる

ひよこサブレ奥が深かったのですね~@@;
ベルばらも、そんな下りがあったとは、知りませんでした。
なるほど、勉強になりました^^
次はスウェーデンですか?大昔ちょっと旅行したので
懐かしいかも~^^
by 冬萌まる (2008-01-20 16:58) 

自由人

愛くるしいひよこサブレにそんな逸話があったとは!!甘くキュートな味の裏には、お菓子のふるさとのマイスター様の、ひと手間がかかっていたのですね。今度お目にかかったらこぼさず食べたいものです。

(ベルばら&サウンドオブミュージックは、知識外のため残念ながらコメント不能でした・・・・・ドンマイ!!)
by 自由人 (2008-01-21 17:21) 

dogwood

Jyllandさん>
意外と奥が深いひよ子サブレ。私も今後は「噛みすぎて口の中で溶けちゃった(卵ボーロのイメージ)」ってのを目指すくらい味わって食べようと思った。

キャンディはアメリカからロンドンに留学するんだよね~。確か。そして留学途中の船の上でテリーと出合うのよっ!!!私はテリーが好きだったなぁ・・・

マンガ喫茶か~。私も行きたい!一日中いても飽きないだろうなぁ~。


hideyuki2007yさん>
「チロリアン」って面白いですね!初めて知りました。オーストリア繋がりなんですかね、やっぱ。
ひよ子って美味しいですよね~。私は、まんじゅうもサブレも、必ず頭から食べます。最後に生首が残るのが可哀想で・・・つぶらな瞳に見つめられてる気がしちゃってね。笑


Krauseさん>
ひよ子サブレの話、私もびっくりしました。こんなところにもオーストリア菓子の影響があるのか~。と感心しちゃいました。


ふゆもえさん>
奥深いでしょ~。びっくりしました。

べるばら、始めにオーストリアが登場してたとは、まったく意識してませんでしたよ。気が付くって面白いですね。機会があったら読んでみてください♪
フェルゼンが住んでたと言われてるお城、結構きれいな外観で、ステキな場所にあるっぽいので興味アリです。


自由人さん>
そうなんです!なんか、オーストリア菓子を参考にしてるって知って、ひよ子がより美味しく感じられました。(単純すぎ?笑)
今度、こぼさず、「頭から」食べてくださいね。(私は、必ず頭から食べるんです。だって、最後に生首が残るのって可哀想じゃないですか~!)

ドンマイ!ってか、ちょいマニアックでしたっ!
by dogwood (2008-01-21 23:34) 

Mimosa

ひよこサブレってあるんですね~!はとサブレのいとこ...^^?でも、ひよこサブレは、オーストリア出身なんですね~。
↑のdogwoodさんのコメント見て、私もなぜかお菓子系は、頭から食べちゃいます~!(ひよこサブレはないと思うけれど、はとサブレやひよこまんじゅうはそうだわ~!)多分食べやすいからだと思うのですが、友達にその食べ方残酷だなって、言われたことあります!でも、dogwoodさんの言うとおり、最後に生首残る方が残酷な気もするわ~!!
旅から帰って、後でその旅先と関連することとか気になることって、意外とあったりしますね~。妙に、気づくと嬉しくなっちゃったり・・・。わかるわ~♪
by Mimosa (2008-01-23 00:52) 

dogwood

Mimosaさん>
私も、はとサブレと似てるかもって思った。味はちょっと違う気がするけど…ってはとサブレの味を忘れてますが…笑
Mimosaさんも頭から派ですか?一緒ですね~。確かに、頭を真っ先に食べるのは一見酷だけど、最後に頭が残る方が酷だと思う~。あは。
Mimosaさんもたくさん色んな方面に旅をしてるから、色んな発見をしてそう♪
by dogwood (2008-02-01 22:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。