So-net無料ブログ作成
検索選択

ぱりへの旅行 ~ぱり市内観光 ルーヴル美術館~ [旅行(フランス)]

6月5日:曇り。そして・・・寒いっ!

事前に自宅で見た週間予報では晴れマークが続いてたのに、来てみたらちょー曇り。そして寒い・・・コペンよりずーっと寒いからびっくりだよ。(今回の旅で、一度も半袖になることはなかった・・・)この日はパリ市内観光の日。事前に色んなサイトで調べてたら、どの名所も混むし、チケット購入に並ぶと記載されてました。恐るべし、年中観光名所なパリ・・・

最初に向かったのはルーヴル美術館。パリに来たのに「モナリザ」を見ないでどうすんのさ!事前情報によると、モナリザは超人気があって開館直後じゃないとゆっくり鑑賞できないとのこと。こりゃいかん!と思い、8:30過ぎルーヴル着を考えてたんですが、「え~、大丈夫だよ~」と(何度もパリに来たことがある)主人が言うので、少々ホテルでゆっくりし、9:30過ぎに着きました。louvre-1.jpg

ルーヴル美術館(Musée du Louvre)はルーヴル宮殿の大部分を占めてて、1190年にフィリップ2世がパリ防衛のための城砦を築いたのに始まります。ルネサンス様式の宮殿に改築された16世紀のフランソワ1世の時代からナポレオン3世の時代までに、3世紀以上を費やして完成した壮大な建物です。この美術館は世界最大級の美術館の1つであると共に、ヨーロッパで最も古い美術館の1つでもあり、「世界遺産 パリのセーヌ河岸」に包括登録されてます。

さて、私たちは事前にMuseum Pass(*)を購入してたので、チケット販売ブースに並ぶことなく美術館に入れました。BUT!チケットブースに並ばなかったため、館内地図を入手し忘れた・・・ので、館内各所の地図や「モナリザこっち」って看板を頼りにモナリザを目指しました。

ルーヴル美術館は・・・広かった!!!見学部分を絞ってたにもかかわらず、結構な距離を歩いた・・・そして迷った・・・(@_@)。さすが、世界最大級の広さを誇るだけのことはある。 そんな広いルーヴルは、美術作品もさることながら、建物そのものもすごかった!どこを通っても、一瞬立ち止まって周りを見渡さずにはいられない、そんな美しさがありました。louvre-2.jpg louvre-3.jpg louvre-4.jpgステキだ・・・louvre-5.jpg louvre-6.jpg

所々で、模写中の人を見かけました。きっとちゃんと許可をもらってやってるんだろうなぁ・・・louvre-7.jpg上手だったよ。 

お目当てのモナリザは、意外と空いててちょい拍子抜け。ちょっと待機したらすぐ正面に立つことが出来た。でも、木の手すりとガラス板と警備員2名により厳重なガードがされてました。louvre-8.jpg ちっちゃい~。

モナリザの近くに、「ナポレオン1世の戴冠式」がありました。louvre-9.jpgこちらはちょービッグ。

せっかくなので、「ミロのヴィーナス」も見ておいた。louvre-10.jpg

美術や世界史の教科書でしか見たことがないこれらの作品を、間近で見られて感動。これだけ歴史的に重要な作品が集まってるルーヴルってやっぱすごい。所々で、学校の社会科見学チックな子供達を見かけました。きっとガイドさんが歴史的背景を含め美術品の説明をしてるんだろうな。小さい時からこんな美術館に来られるなんて、恵まれてるな~って少し羨ましく思いました。まぁ、でも、こんな小さい時はきっと自分たちが「すごい経験をしてる」って自覚はないんだろうけどね・・・louvre-11.jpgミロヴィーおしりセクシーショット。

戦いの女神風でかっこ良いじゃん!と思ってよくわかんないけど撮った石像。あとで調べたら、「サモトラケのニケ」といって『「ミロのヴィーナス」と共にルーブル至宝の双璧』なんだと発覚!louvre-14.jpg無知って恐い~(>_<)

図らずも「ルーヴルの三大貴婦人(ミロのヴィーナス、サモトラケのニケ、モナリザ)」に出会えたみたい・・・笑

美術館を出ると、空が少し晴れてた!朝見た景色より数倍良い雰囲気になってて、天気って大事だな~と実感。ルーヴル宮の西にある、カルーゼル凱旋門。実は、この門から、シャルル・ド・ゴール広場に立つ凱旋門(「凱旋門」と聞いたら真っ先に想像するあの有名なやつ)が見えるんです!(門の中に見える棒(コンコルド広場のオベリスク(モニュメント)の奥に凱旋門が映ってるのだ。)louvre-13.jpglouvre-15.jpg

ルーヴル美術館をあとにし、セーヌ川沿いにシテ島に向かいました。paris2-1.jpgセーヌ川沿いの並木道。

ポン・デザール橋(芸術橋)を通ってセーヌ川の対岸に渡りました。この橋は、ナポレオン1世がかけさせた歩行者専用の橋で、フランス初の鉄骨製な橋なんです。paris2-2.jpg左半分に映る橋がポン・デザール橋。 

振り向くとルーヴル美術館が見え、橋の真ん中から先を見るとシテ島がどーんと見えるのだ。paris2-4.jpg向こう側に見えるすべてがルーヴル。paris2-3.jpg真ん中の島がシテ島。

ポン・デザール橋でセーヌ川の対岸に渡り、ちょっと歩いてポン・ヌフ橋(上の画像に映る橋)を渡ってシテ島に入ったのでした。

 

・・・続く・・・

 

(*)Museum Passについて

ミュージアムパスがあると、対象美術館・博物館でミュージアムパスを提示することで、訪問当日にチケットを購入せずに中に入ることが出来る。(チケット購入の列に並ばずに済む+パス有効期間中であれば、何度でも同じ美術館・博物館に入ることができる。)
ミュージアムパスには、(連続した)2日間有効券(30EU)、(連続した)4日間有効券(45EU)、(連続した)6日間有効券(60EU)があり、私たちは4日間有効なパスを購入しました。45EUって決して安くはないけど、4日の間に行こうと考えてた名所の入場料を合計すると67.2EUになるので(6日間有効パスよりも高い!)、パスを買うことにしたんです。

パスは、パリ市内のインフォーメーションやfnacで購入可能ですが、以下のサイトから事前にオンライン購入も可能です。

http://www.parismuseumpass.com/en/home.php

 

*関連URL*

ルーヴル美術館URL (http://www.louvre.fr/llv/commun/home.jsp?)


nice!(6)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

コメント 17

Y

曇り続きだったんだね。デンマークは晴れ晴れ晴れ、だったのに。
この時期、半袖に一度もならないほど寒いなんて・・・。
私は昨年の8月に行ったけど、暑くてつらかったよ。

私もモナリザの小ささにびっくりしちゃったよ。
日本だと美術館にちょっと有名な作品がやってくると、ものすんごい人人人になっちゃうけど、海外の美術館ではそんな大行列にはらないから、
ゆったりと見れていいよね。
それにしても人少ないね~

by Y (2008-06-18 21:43) 

ヤマワキ

えらいね~ちゃんとルーブル見てるね~。
私なんざ~「出口どこや~!」とばかりに出口の看板を辿っていた思い出しかありませんわ。しかも、無料の日(日曜やったっけ?)に行ったり、出てきたおっちゃんが再入場可能なチケットをくれたりと、何故かいつも無料見学。それじゃ~血となり肉とならないはずですね。反省。
は~でも、また行きたくなるのはなぜかしら。
by ヤマワキ (2008-06-18 21:49) 

いっぷく

ルーヴルの三大貴婦人って言うんだ、知らなかったけど。
ニケの頭部がないけれどすばらしい貴婦人ですよね、
そして想像よりは大きかった。
モナリザは小さかった。たいてい人の頭越しに見るんですねモナリザ。
さすが計画しているだけあって空いている時間帯に見れて正解ですね。
by いっぷく (2008-06-18 22:49) 

あいこ

ルーブル!!あそこは作品もいいけど建物もステキだよね。あそこを全部きちんと見て回ったら、一体どれくらいの時間がかかるんだろう?
お天気が良くなかったのはちと残念。カルーゼル凱旋門の写真がきれい☆
青空に映えるね!
by あいこ (2008-06-18 23:18) 

Junko

うんうん、ルーブル広いですよね。
私も迷子になりかけました。
3つの中ではニケが一番好きです。首から上がないのも想像をかきたてるようだし。といってもルーブルの中でニケのものか!?と言われている(けど確かではない)頭部の彫刻もありましたが・・・。
2回行きましたがMuseum Passがあるなんて知りませんでした!
by Junko (2008-06-18 23:21) 

りゅう

ルーブル羨ましいです。
パリに行った時はオルセーを優先して
ルーブルに行ったら休みでした(笑)

黄金率のミロのビーナスの実物を見れたのが
本当に羨ましいです。
by りゅう (2008-06-18 23:22) 

KAIKAI理江

おぉぉぉ、まさに8月に予定してるパリ旅行でルーブル美術館のチケットゲット方法を模索中だった我が家に朗報だわ!!!
いいねーミュージアムパス!ちなみにこれってパリで購入できるの?ネットとかでの事前購入になるの??
嬉しい情報マンゲ・タック(^o^)

by KAIKAI理江 (2008-06-19 02:16) 

Megu

ちゃんと美術鑑賞してる…すっ、すごいっ!私はお目当てに絞って、ほぼウォークラリー状態でした(^^;でもさっ、何も美術について知らない私でも「あっ、これ見たことある!」って、足を止める絵画がいくつもあったんだよね。
さすがルーブル♪
>(何度もパリに来たことがある)主人…かっこよすぎる言葉の響き(*^o^*)
by Megu (2008-06-19 04:14) 

dogwood

Yちゃん>
そうなのよ。天気が悪くてちょっと残念じゃった・・・でも、暑くなかったのはいいことだ。そして焼けなかったのもいいことだ!
モナリザはちっちゃかったけど、妙な迫力があってちょっと緊張しちゃったよ。すごい、見られてる感があってドキドキした。笑


ヤマワキさん>
えーーー。ダメよ。モナリザ見なきゃ!ミロヴィーも。でも、あそこは、美術作品に敏感じゃない場合は、目的を持って行かないと、ただ疲れて終わるだけな場所な気もした。是非、モナリザに会いに行ってきて!マドンナのあととかどう・・・?


いっぷくさん>
そうみたいです。「貴婦人」だそうです。私も、この3作品の中だったらニケが一番好きです。頭がないけど、全体的な雰囲気が好き。遠目で見ても近くで見てもバランスが取れててかっこいいな~と思います。


あいこちー>
ルーヴルを全部見るには5日くらいかかりそうじゃない?でも、あそこってしょっちゅう配置換えがあるらしく、日を開けちゃうとどこをどうみたかよく分からなくなったりするらしい・・・
カルーゼル凱旋門、良い感じでしょ!!!ちょっと天気が回復して良かった~。凱旋門までずどーーんって見えるのがなんとも爽快だったよ。
by dogwood (2008-06-19 04:14) 

dogwood

Junkoさん>
私も、3作品の中だったらニケが一番好きです。頭がないけど、全体的なバランスが良いし、布部分(洋服)が多いけど、女性的な感じがするし、かつ力強い感じもするし・・・Junkoさんが言うように、頭がないのが良いですね!頭があると想像が限定されちゃいますもんね。
ニケのものと思われる頭部もあったなんて!それは見落としました~。残念!


りゅうさん>
私たちは、反対に、ルーヴルを優先させちゃったのでオルセーには行かなかったんですよ。「落ち穂拾い」見たかったなぁ・・・
教科書でしか見たことがなかったミロのヴィーナス。実物を目の前にしてるはずなのに、なんか実感が湧かなかったです。夢で見てるような・・・そんな現実離れした気分でした。


KAIKAI理江ちゃん>
余裕があるんなら、事前にネット購入をお勧めするよ。10日以内に、郵送でパスが家に送られてくるのだ。(まぁ、パリに着いてからインフォメーションセンターやfnacなどでも買えるけど。)
ちなみに、パリの多くの美術館博物館は、18歳以下だったかはタダで入れるようになってるよ。なので、KAIくんはほとんどの場合無料で入れると思う。一応確認してみてちょ。


Meguみん>
そそ。少々鑑賞してみた。笑
ほとんど知らない作品だったけど・・・そんな中、知ってる作品に出会うと、「知ってる知ってる!」ってなぜか周りにアピールしたくなったのは私だけ・・・?

>(何度もパリに来たことがある)主人…かっこよすぎる言葉の響き(*^o^*)
私も、書いててちょっとかっこいいと思った。自分のことじゃないのに。

by dogwood (2008-06-19 04:29) 

ふゆもえ

詳しいご説明どうもありがとうございましたv^^
ルーブルの中って写真撮影しても大丈夫なのですか?
(あ、ダメなのはベルサイユの方?)
当分行ける場所ではないので、ちょっと得した気分です^^
by ふゆもえ (2008-06-19 17:27) 

junko

ダヴィンチコード!(笑)
川口の駅前にチャリ置き場がありまして、
それがルーブル風ガラスの△屋根?なんだよ~。川口のルーブル♪って勝手に思ってるのでありました。

ミロのヴィーナス!写真とれるんだ!お尻が素敵っ
私が生まれる前、ミロのヴィーナスって日本にきたんだよね。

by junko (2008-06-19 23:24) 

自由人

絵だけではなく、建物そのものから、内装に至るまですべてが、芸術なのですね。1日じゃ、とても回りきれないくらい、広大かつ充実していると、聞いたことがあります。今回のレポで、まだ見ぬフランスの超有名ポイントを少しでも、感じ取れて良かったですよ!!
やはりモナリザ、警戒厳重なのですね。意外とちっちゃいとは驚きでした♪
やはり感動するものですか??
by 自由人 (2008-06-20 00:02) 

Mimosa

そう、ルーブルはとっても広過ぎるんですよ~。かなり前に2度しか行ったことないけど、見たいとこだけぱぱっと回りました!モナリザは、小さいし、ガラスで厳重管理されていて、ちょっとがっかりだったでしょ。
ポン・デザールから見る360度の眺めが一番好きです・・・。シテ島&ポン・ヌフ、フランス学士院、オルセー美術館、エッフェル塔、グラン・パレ(たぶん・・・)、ルーブル・・・と、パリの美しさが凝縮されてるように思います!
お天気、回復してきてよかったですね~☆
by Mimosa (2008-06-20 01:44) 

dogwood

ふゆもえさん>
ルーヴルの中は撮影オッケーでしたよ。フラッシュはダメだった気が…ヴェルサイユの中も撮影オッケーでしたよ!観光客にやさしいトコだわ、ぱりって。


junkoさん>
そうそう!ダヴィンチコード!ルーヴル館内のオーディオガイド、ジャンレノ版ってのがあって、それを借りると、ダヴィンチコードがらみの作品の説明をしてくれるらしいよ!耳元でジャンレノ!
ミロヴィー(勝手に略してるふとどきもの)のおしり、いいでしょ!微妙に見えてる辺りがドギマギしたよ。ジャパンに上陸したことあったんだ~?それは知らんかった。
川口って何でもあるのね・・・恐るべしっ!


自由人さん>
ココを一日でまわるのは不可能だと思った~広すぎっ(@_@)
競歩調でひたすら歩いたら可能かもしれませんが、その場合は鑑賞なんてできないですよね~。
作品も良かったけど、廊下や天井の雰囲気が一番気に入りました!

モナリザは、感動というより・・・ちっちゃかったけど妙な迫力があり、目がそらせなくて、緊張しちゃいました。ダイソン顔負けのすごい吸引力でしたよ。


Mimosaさん>
予想以上に広くてちょっとビックリしました。ってか、パリの名所ってどこも大きいですよね・・・?どこに行っても歩き疲れました~。
さすがMimosaさん!ポン・デサールの景色を熟知してますね!私も、ポン・デサールの上で360度ぐる~っとまわっちゃいました。どこを見ても素晴らしい景色で、ステキでした~。
お天気が回復して良かったです、ホントに・・・
by dogwood (2008-06-21 03:35) 

おーちゃん

わおー ルーブルに何度か行きましたが、こんなに間近でばっちりモナリザ見れる時もあるんですね!
私が行ったときはいつもモナリザの周りは超!人だかりでフラッシュが0Kなのかダメなのかは知りませんが皆おかまい無しでバシバシたいて取ってるのでこんなにちゃんと見れた事ないです。
やっぱ朝早めに行くといいのかな‥‥?とにかくりんごさん、ばっちり見れて良かったですね!
by おーちゃん (2008-06-25 05:24) 

dogwood

おーちゃんさん>
え~、やっぱり混んでる時期は全然鑑賞できないんですね・・・私なんて、空いてたから何枚も真正面から写真撮ったし、主人と何度も(なかなか上手くいかなかったので)自分撮りしちゃいました!
うちらが帰る頃には混雑してたので、朝早い方がいいと思います。朝早いと団体客も少ないし~(団体客は活動開始時刻があんまり早くないっぽい!)ばっちり見られて良かったです!
by dogwood (2008-06-25 07:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。