So-net無料ブログ作成

ぱりへの旅 ~ヴェルサイユ宮殿散策と夜のルーヴル~ [旅行(フランス)]

6月7日。曇り。やっぱり寒い・・・

 

くぅさぁむらにぃ~ なぁもしぃれずぅ~

さぁあいぃていぃるぅ~ ばぁらぁなぁらばぁ~

(中略)

ばらはばらは けだかくぅさぁい~ぃてぇ~

ばらはばらは うぅつぅうくしぃくぅ ちぃるぅう~ 

 

・・・この日は、ヴェルサイユ宮殿を訪れるということで、朝からアニメ「ベルばら」の主題歌(「薔薇は美しく散る」)が頭で流れまくり!やる気満々で外に出たら、かなりいまいちな天気・・・寒いから前日に購入した上着を着ることに。胸元にこっそり「Roland Garros」って書いてあるけど、ドンマイ。

電車に揺られ、ヴェルサイユに着くと、沢山の観光客がいました。やっぱ有名な観光スポットなのね~。宮殿の全貌が見えた時、あまりにいまいちなお天気と、工事中で覆われてる部分が多かったのとで、これといって感動がなかった・・・「ふ~ん・・・」みたいな。 ver-1.jpg残念だ・・・

ヴェルサイユ宮殿(Château de Versailles:ミュージアムパス使用可)は、ルイ14世の命により1661年からおよそ半世紀かけて完成された宮殿です。フランス中から一流の建築家や造園家、装飾家が集められ、工事現場では常に3万人以上の作業員と6000頭のウマが働いてたそうです。水も木もない不毛の地に、森を造ったりセーヌ川の流れを変えたり、贅の限りを尽くした宮殿です。そして、この浪費と贅沢が、やがてはフランス革命に繋がっていくわけです・・・

外観はいまいち感動に欠けたけど、中身は、それはそれは豪華でした・・・どこを見ても「贅沢だな~」と思う施しがされてて、こりゃあつぶれちゃうよって納得しちゃいました。 

マリーとルイ16世の結婚式が行われたと言われてる「王室礼拝堂」。天井画は「当代最高の技術を用いた」と言われてるそうです。丸い部分は聖霊降臨図で、物理的にはむこうに窪んでるのに、平坦に見えるように描かれてるんだそうです。そう言われてみれば・・・ver-2.jpg ver-14.jpgver-5.jpgこういう細かい装飾がいい味出してるなぁ~。ver-8.jpgどの部屋も、天井画立派でした!ver-11.jpg当然ですが、マリーの肖像画もありました!!!

宮殿で一番有名な場所と言ったら「鏡の間 (長さ75m、幅10m、高さ12m)」ですかね。ここは、儀式や外国の賓客を謁見するために使われてました。17の明り取り窓が庭園からの光を取り入れ、壁面の17枚の鏡で反射させるようになってて、光の具合により色んな雰囲気を演出してたそうです。ちなみに、1871年にはドイツ皇帝ヴィルヘルム1世の即位式が行われ、また第一次世界大戦後の対ドイツとの講和条約(「ヴェルサイユ条約」)が調印されたのもココなんですっ!世界史っ!ver-9.jpg  ver-6.jpg

ルーヴル美術館で見た、「ナポレオン1世の戴冠式(ダヴィッド作)」と同じ作品(BUT!前列の女性の一人の衣装の色が違う!(ルーヴル:白、ヴェルサイユ:ピンク)。BUT!肝心の「ドレス」が映っとらんかった・・・(T▽T))が飾られてる「戴冠の間」です。部屋中央に飾られた円柱は、ナポレオン1世が「アウステルリッツの戦い」を記念して発注したものだそうです~。ver-13.jpg ver-12.jpg

宮殿見学後、広~い庭に出ました。土曜日のため、庭で「大噴水ショー」が開催されるらしく、たとえ噴水ショーを見なくても見学料の「7EU」を払わなきゃいけなかった・・・全然見る気ないのにっ!garden-1.jpggarden-2.jpg

向かうは、マリーが過ごしたという「プチ・トリアノン」。ヴェルサイユ宮殿からは歩いて1時間近くかかっちゃうので、乗り物で移動です。プチトラン(観光用の小さいバスみたいなもの)で移動することも考えたけど、面白そうな「ゴルフ場のカートみたいなヤツ」を選択!この乗り物、一定速度しか出ないようになってました(一応歩く速度よりは早い)。石畳を走るので、かなり揺れましたが、楽ちんだったし、キッズの注目の的だったし、ちょっとイイ気分でした~♪garden-4.jpgステキだわ~☆ミ

プチ・トリアノン(Petit Trianon)は、もともとルイ15世の愛人ポンパドール夫人の発案で建てられた城館で、1774年に、ルイ16世からマリー・アントワネットに贈られたものです。trianon-5.jpgプチサイズでかわいい。

ちょー楽しみにしてたんですが・・・6月いっぱいは工事中のため見学不可でした・・・(TへT) でも、建物周辺を散策中(迷いんぐ中)に、「マリーが愛人との密会場所に使ってた「愛の神殿(Temple de i'Amour)」」を発見しました~!愛人と言えば、フェルゼンっ!(≧▽≦)!trianon1.jpg「l'Amour」だって。きゃっ♪

プチ・トリアノンの後、近くに建つグラン・トリアノンに行きました。「グラン・トリアノン(Grand Trianon)」は、ルイ14世が愛人のマントノン夫人と過ごすために建てたイタリア風邸宅です。フランス革命でルイ14世時代の調度品がすべて失われたため、ナポレオン1世の頃の調度品が展示されてました。ってか、愛人を同じ敷地内にたくさん住まわすって・・・お金持ちならではだわ~(@_@)grantri-1.jpgこちらはとっても立派な建物。grantri-2.jpg裏側の運河の眺めがステキ・・・

ここで面白かったのが、各部屋ごとに、調度品の色が揃えられてたこと。見てて楽しかったです。grantri-4.jpggrantri-9.jpggrantri-5.jpggrantri-7.jpggrantri-8.jpgきっと「色」には意味があったんだろう。

大きなホールもあり、ここには、ヴェルサイユ宮殿が完成するまでの色んな時期をとらえた絵が飾られてて、ヴェルサイユ宮殿が出来るまでの過程を知ることが出来ました。grantri-10.jpg

グラン・トリアのンを後にし、ヴェルサイユ宮殿に戻ることにしました。ちょうど、大噴水ショーが開催されてるらしく、そこここの噴水の水がリズミカルに動き、また変な音楽が至るところでかかってました。garden-6.jpggarden-8.jpg

さて、ヴェルサイユ宮殿に戻った時に、ふとあることに気付きました。この宮殿って、どこかで見たことがあるような気がする・・・?なんか、雰囲気が、ウィーンで見た「シェーンブルン宮殿」に似てるんです!この裏側の雰囲気が似てる。あっちの方が黄色度合いが高いけど、なんか、通じるモノがあるな~と思いました。(シェーンブルン宮殿についての記事はこちらgarden-9.jpg

マンガ/アニメ「ベルばら」を通して親しみを抱いてたヴェルサイユ宮殿にマリー・アントワネット。「ベルばら」の世界を体感できて良かったです。「こりゃあお金使いすぎでしょ」「こりゃあ革命を起こさせて当然でしょ」って納得しました(^^;) でも、それを実感できるほど、ヴェルサイユ宮殿は絢爛豪華で素晴らしかったんだなぁ~とも思いました。きっと、こんな宮殿は後にも先にもないんだろうな。

それにしても、天気が良かったらもっと感動したんだろうなぁ・・・ちょい残念だ。

ヴェルサイユ宮殿でかなりゆっくり過ごしたので、この日は帰って御飯を食べてって感じになりました。夕食後、近くまで来てたから、夜のルーヴル美術館へ行ってみました。louvre-18.jpg夜の方が・・・louvre-17.jpgミステリアス感やドキドキ感があっていいねぇ~。louvre-19.jpgカルーゼル凱旋門とエッフェル塔。

・・・続く・・・

*関連URL*

ヴェルサイユ宮殿URL (http://www.chateauversailles.fr/jp/


nice!(7)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 7

コメント 13

Jylland

おおっ、ダヴィンチコードの世界!夜のルーブル!
ヴェルサイユ、さすがのゴージャスさですな。なんだかもう、部屋の中で
くつろげないほどに・・・。シャンデリアありすぎ(笑)。
こういう価値観の人に、銀閣寺とか見せたら「げ、地味ッ!」って思うのかしら。

ん~、ステキ世界、パリ・・・・♪




by Jylland (2008-07-02 05:42) 

junko

30日からベルサイユ宮殿の門が修復を終えて公開されたみたいだね!写真でみたけど妙に煌びやかだったよ。

うわ~。ベルサイユ宮殿の中、世界遺産(テレビ番組)で見た!
あのガラスのシャンデリアが凄い気になったんだよね。
ヴェルサイユ条約が調印された場所だったんだ~

夜のルーブル、ほんっと川口みたい!!(前に話した自転車置き場)
絶対川口の真似してる!(逆?)
今度写真とってこねば。ぎゃは。

by junko (2008-07-02 15:03) 

あいこ

ヴェルサイユ宮殿といえば、ワタクシもベルバラですわ!!最初の歌詞を見てすぐにわかっちゃったもん(。→ˇ艸←) こりゃオタクです。。 
個人で観光に行くと、好きなところをゆっくり見られるからいいよね~。プチトリアノンに興奮した!!ナマで見たことないから、また行かなくちゃだよ。写真をたくさん載せてくれてるから、もう行った気分なんだけどね(笑)☆ 
by あいこ (2008-07-02 17:33) 

hideyuki2007y

6月で寒かったのですか。宮殿のあちこちを廻られたようで。ルーブル美術館のガラスのピラミッドは夜もきれいですね。
by hideyuki2007y (2008-07-03 00:43) 

snorita

しかし、さすがおフレンチ。「愛人」さんばっかりですね、なんだかなー
友達のフレンチ曰く「イギリスもフランスも植民地をたくさん持ったけど、イギリス人はほとんど有色人種と交わることはなかった。でもフランス人はたくさんの混血をアジアやアフリカに残した」っていってました....ふう〜

私の歴史知識はベルばらレベルなのですが、十分楽しめますねえ。ちょっと寒そう!

by snorita (2008-07-03 12:38) 

ふゆもえ

ヤバッ!主題歌、つい口ずさんでしまいました^^;
ホントにいつか生で見て見たいトコロです!
特に鏡の間!そして、いろんなお部屋の調度品は
インテリアの参考に・・・ならんでしょうな~ーー;
格が違いすぎか^^;
by ふゆもえ (2008-07-03 16:59) 

KAIKAI理江

ベルバラ・・・読んだことないTmT
パリに行くからには読んでおかないと!だわ^^;
お天気、よくなかったんやね、これがすんごい晴天やったら宮殿も栄えまくりやったやろうに(って、十分スゴイけど・・・)。。
今回も写真満載で見所の予習ができました~
グラン・トリアノンのドピンクなお部屋、ここに住んでた愛人はギャルだったのかしら・・・めちゃ気になるぜ・・・


by KAIKAI理江 (2008-07-03 18:50) 

自由人

良きにつけ悪しきにつけ、”贅沢とはこういうものだ!!”と言う見本のような宮殿ですね。よくぞこれだけ贅を尽くして建てるものだと、画面見ながら、溜息が出ます・・・・・しかし、その反動で革命が起こるわけですから、ツケは回ってくるって事でしょうね。だって、川の流れ変えちゃうなんて・・・

冒頭のコブシ入りまくりの文章、主題歌だったんですね・・・不勉強でした。
今度、ビックエコーでリクエストつっこんでみます・・・

基本的質問ですが、ベルばらって、オスカルとアンドレのあれですよね・・
違いましたっけ・・・?



by 自由人 (2008-07-04 20:00) 

dogwood

Jyllandさん>
夜のルーヴルは、まさにダヴィンチコードの世界でしたよ!ちょっとスリリングだった。
ヴェルサイユは、ゴージャスすぎでした・・・Jyllandさんが言うように「ここじゃぁくつろげないだろ~」って部屋ばっか。


junkoさん>
修復された門はすごいことになってたね~。門までゴージャスなのか・・・と思った。見られなかったのが残念!
川口!笑
今度写真撮って撮って~。そして見せてっ!!!かなり気になる。
夜、ムーディーでステキそうだね。駐輪所なのに・・・


あいこちー>
でしょでしょ!!!あいこちーなら食いつくと思ったよ~。
プチトリアノン、入れなかったのが残念だよ・・・ヴェルサイユ宮殿よりそっちの方が気になってたのにさ・・・あいこちー行ったら是非プチトリアノンに行って、写真撮ってきて!!!


hideyuki2007yさん>
寒かったです・・・予想外の展開で、参りました~。晴れてたら、絶対もっと感動したと思うんですよ!!!
ルーヴルはとってもミステリアスでした。ピラミッドは宮殿よりも明るい照明だったんですが、二つの対照的なライティングが妙に良い感じでした~♪

by dogwood (2008-07-05 05:29) 

dogwood

snoritaさん>
フランスって「愛人」って響きが良く似合いますよね~。←偏見?
お友達の発言、妙に納得しました。フランス人のお友達が言うんだから、本当なんだろうな・・・笑

私もベルばらレベルなんですが、十分楽しめました!「ここであのシーンが・・・」とか色々連想しちゃって興奮しました~。ベルばら最高♪


ふゆもえさん>
一度歌い出したら止まらないですよね。あの主題歌。
CDが欲しくなった!昔はカセットを持ってたのになぁ・・・
インテリアはちっとも参考になりませんでした!「この部屋でいくらなんだろう?」「シャンデリアのクリスタル一個でいくらなんだろう?」とか考えちゃいました。笑


KAIKAI理江ちゃん>
マジでーーー!そりゃあいかん!行く前に必読だよっ!
読んでいくと、楽しみ倍増よ。あ、でも、もしもともとフランスの歴史に詳しかったら読まなくても面白いか・・・
ピンクの部屋、生で見ると意外とプリティーだったよ。と思った私はギャル系?!(今鼻で笑ったっしょ。)


自由人さん>
自由人さんがおっしゃるように、「こういうのが『贅沢』っていうのか~」ってため息が出ました。極めてますよね、ヴェルサイユ宮殿。
どことなく哀愁が漂ってた気がしたのは、きっと「滅びちゃった」ってことを知ってるからかな~。

オスカルとアンドレのヤツです。この二人は実在の人物ではないので、ヴェルサイユ宮殿見学中は登場しないんですよね。実在する人物だったら、それはそれは、発狂するくらい興奮しながら見てまわったと思います。笑

by dogwood (2008-07-05 05:44) 

Y

いったいりんごちゃんは何の歌を歌っているのか???
呪文?自作の詩???と全く分からなかったよ。
ベルバラかぁ。
ヴェルサイユって本当にゴージャスだよね。
夜のルーヴルがステキ☆

by Y (2008-07-05 22:59) 

Mimosa

ヴェルサイユ、絢爛豪華で、見る価値ありですよね。ベル薔薇を見てたら、楽しみ方も違うのでしょうね~。
庭もとっても広くって回りきれませんよね。噴水ショー、綺麗ですね。夏のヴェルサイユにも行ってみたくなりました!観光客も多いでしょうけど・・・。私は冬の夕方に行ったので、観光客が少なくてよかったのですが、噴水ショーはもちろんされてなく、端に並んだ石像全部に布で覆われてました・・・(i_i)。夕日に照らされた宮殿や庭の感じは素敵でしたけどね~。
ルーブルのピラミッド、夜はライトアップされて幻想的な感じで素敵ですよね。私も大好きです・・・♪ピラミッドの下には行かれました~?
by Mimosa (2008-07-06 13:23) 

dogwood

Yちゃん>
スミマセンね。マニアックな出だしで・・・(^^;)
ベルばらですよ~。ベルばら。機会があったら読んでみて♪
夜のルーヴルはとってもステキだった~。寒かったけどね。


Mimosaさん>
ヴェルサイユ宮殿は本当に絢爛豪華で、お腹いっぱいになりました。
あんなに広い敷地だとは思ってなかったので、マリーの離宮まで徒歩で小一時間かかるって知ったときはめまいがしました(@_@)
今の時期のヴェルサイユは人がとっても多そうですね。でも、晴れてそうだから、建物も庭も噴水もキレイなんだろうな~。
ルーヴルのピラミッドの下、行きました~。ちょっとドキドキしちゃいました!


いっぷくさん>nice頂き、ありがとうございます!
by dogwood (2008-07-07 03:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。