So-net無料ブログ作成

ぱりへの旅行 ~ぱり市内観光 凱旋門と教会~ [旅行(フランス)]

6月9日:快晴っ

最終日にして快晴・・・ホテルを出る前に窓を開けた時、肌寒かったのでコートを着て出たら・・・汗かいた(^^;) まいったね。この日は、夕方便でコペンに戻る日だったので、ゆる~っと市内観光をしました。

0609-1.jpgまずはココっ!

「エトワール凱旋門(Arc de triomphe de l'Etoile;ミュージアムパス使用可)」は、パリのシャルル・ド・ゴール広場にある凱旋門です。この門は、1806年にナポレオン・ボナパルトの命によって建設が始まり、1836年に完成しました。ナポレオンは凱旋門が完成する前に死去しておて、彼がこの門をくぐったのは1840年にパリに改葬された時だそうです。

ちなみに・・・「凱旋門」とは、古代ローマ時代に軍事的勝利を称え、その勝利を齎した将軍や皇帝が凱旋式を行う記念のために作られた門のことです。エトワール凱旋門のように、現存する古代ローマの凱旋門は多数ありますが、その中で「コンスタンティヌスの凱旋門(@ローマ)」が史跡としてとっても貴重なんだそうです。

さて・・・エトワール凱旋門は、巨大なラウンダバウト(Roundabout:ロータリー交差点みたいなもの)の中心にあり、道路を横断してたどり着けず、地下道を利用するようになってました。0609-2.jpg地下道入口。

地下道を通ったら、すぐ凱旋門の真下にたどり着きました~!0609-3.jpg0609-19.jpg0609-20.jpg細かい彫刻がいっぱい!

見えないと思うけど・・・この道路(シャンゼリゼ)の先に棒(コンコルド広場のオベリスク(モニュメント))があって、更に先にルーヴル美術館があるんです!ルーヴル美術館に行ったときに見た逆の景色ってことです♪(ルーヴルで見た景色についてはこちら0609-4.jpgうっすらルーヴルな感じでしょ?!

螺旋階段を上って凱旋門のてっぺんへ。パリ市内を見渡せて、とっても気持ちいい~!0609-7.jpgシャンゼリゼ通り。真っ直ぐだ~!

凱旋門を中心に、シャンゼリゼ通りを始め、12本の通りが放射線状に延びてるんです!0609-8.jpg当然エッフェル塔も見える。

凱旋門の中には展示スペースがあり、模型を見て、細かい彫刻の数にびっくり!0609-9.jpg作るの大変だったろうに・・・

印象的だったのが、この展示。手前の小さい凱旋門を手で回すと真ん中の白い凱旋門が動き、ライトアップされる部分が変わっていくんです。で、ちょうどライトアップされてる部分が、奥のスクリーンに解説付きで拡大投影される仕組みになってるわけです。0609-10.jpgかなり勉強になった!

凱旋門に登ったあと、エッフェル塔へ。疲れたので登らずに、ちょっと遠くから眺めるだけにした~。0609-11.jpgそでれも十分かっこいい!

エッフェル塔鑑賞後、「サン・ジェルマン・デ・プレ教会(St. Germain des Pres)」へ行きました。もともと、542年にフランク王ヒルデベルト1世により建てられた修道院に、パリ司教ジェルマンが葬られたことで、「サン・ジェルマン・デ・プレ」と呼ばれるようになったそうです。0609-12.jpgロマネスク様式のパリ最古の教会です。0609-13.jpg0609-14.jpg0609-15.jpg光が「神々しく」感じてしまう。

サン・ジェルマン・デ・プレ教会のあとは、近くにあるサン・シュルピス教会に行きました。

「サン・シュルピス教会(St. Sulpice)」は、奥行き120m、幅57mの規模を誇る教会です。教会の原形は6世紀に遡り、1642年に改築がされたのをきっかけに、以後100年以上に渡って改築が繰り返され、現在ではフランスで最大級の大きさとなりました。

この教会で有名なのは・・・

  1. クーデターの直前に、ナポレオンがナポレオン・ボナパルトの栄誉を祝う宴を催したこと、
  2. 小説「ダヴィンチコード」の主要舞台だったこと    です。0609-16.jpg0609-18.jpg0609-17.jpgパイプオルガンはフランス最大級!

 

・・・続く・・・

 

*関連URL*

凱旋門URL (http://arc-de-triomphe.monuments-nationaux.fr/en/

エッフェル塔URL (http://www.tour-eiffel.fr/teiffel/uk/index.html

サン・ジェルマン・デ・プレ教会URL (http://www.eglise-sgp.org/

サン・シュルピス教会URL (http://www.stsulpice.com/


nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 8

あいこ

ついに来ました、凱旋門!!一体入り口はどこなのか?探し回ってやっと辿り着いたのを思い出す~。
やっぱり青空の写真は最高だね^^教会の写真は、どうしてただの写真なのに厳かで緊張するような感じが伝わってくるんだろうね?
by あいこ (2008-07-08 08:39) 

dogwood

あいこちー>
そうそう。凱旋門。毎日前を通ってたのに、入ったのは最終日!
青空の下の凱旋門は素晴らしかった~。毎日晴れてたらもっといい景色が見られたんだろうな~と思うとちょっと残念。天気って大切だよね。
教会ってどこにいっても気持ちが引き締まるよね。ジャパンにいたときは教会や神社やお寺ってあんまり行かなかったのに、ヨーロッパに来た途端、必ず教会を訪れるようになった。不思議だ~?
by dogwood (2008-07-08 08:51) 

snorita

どこもかしこも芸術ですね、パリは。やっぱりすごい。
毎日豪州のランドアバウトに苦しんでる私(大きいランドアバウトきらい、出にくいんだもん)としては、ここのなんかはもう怖くて〜っ。

このblogで来年はフランス旅行すると心に決めました。サンクス。
by snorita (2008-07-08 10:31) 

自由人

凱旋門のてっぺんからのお写真。絶景ですね!凱旋門と言うネーミングは、紙吹雪の中パレードしそうなイメージがあって、かっこいい!!
ひたすら伸びる、シャンゼリゼ通りの写真を見ていると、”オーシャンゼリ~ゼ~エ~”のメロディーが、頭の中を駆けめぐっています。ただ、この先の歌詞わかんないんで、壊れたカセットみたいにエンドレスですけど・・・・


by 自由人 (2008-07-08 23:31) 

ふゆもえ

「凱旋門で待っている・・・」という某アニメのセリフを思い出して
しまいました^^;細かい彫刻ですね~、こんなにアップで
見たコトありませんでした。エッフェル塔を上らなかったなんて、
dogwoodさんにしてはもったいないコトしましたね~。
by ふゆもえ (2008-07-09 17:25) 

Mimosa

最終日、あちこちパリの名所をディープに回りましたね~。凱旋門もエッフェル塔も、近くで見ると何度見ても美しく圧倒されます!パリに来ているという実感がします!
凱旋門は、螺旋階段で登られたのかしら?かなりきついでしょ!?前回は、エレベーターで昇って降りちゃいました!楽でしたよ~^^。
サン・ジェルマン・デ・プレ教会やサン・シュルピス教会もそれぞれ違った雰囲気があって好きです。
薄暗い教会に光が入る様子、とっても美しいですね~☆
by Mimosa (2008-07-13 17:24) 

dogwood

snoritaさん>
パリはどこを見ても、どこに行っても、ステキでした・・・絵になるんですよね、やっぱり。こんなに、どこもかしこも絵になるなんて、そうそうないですよね。恐るべし、パリ!
ラウンダバウト、恐いですよね~。凱旋門のラウンダバウトは無法地帯っぽくなっててかなり危険でしたよ。

おおお!来年フランスですかっ!!!ステキ♪


自由人さん>
わかります!!!凱旋門って、「凱旋帰国」を連想して、紙吹雪とか沿道に並ぶ人々とか沢山のフラッシュを想像してしまいます・・・笑
「いつも~なにか~ステキな~ことが~ あなたを待つの おシャンゼリゼー」ってやつですね。笑


ふゆもえさん>
なんのマンガですかっ!?気になる・・・
凱旋門ってこんなに彫刻だらけだったとは知りませんでした。ちょっとびっくりです。エッフェル塔は・・・暑さと長蛇の列に負けて登りませんでした・・・凱旋門登った直後だったので気持ちの盛り上がりに欠けちゃいました(^^;)


Mimosaさん>
凱旋門、行きは螺旋階段で帰りはエレベーターを使ったので、まぁ、なんとか大丈夫でした!両方エレベーターって羨ましい・・・
サンジェルマンとシュルピスは、他の教会・聖堂に比べると見劣りしちゃうけど、いい雰囲気があってステキだと思いました。やっぱ、教会っていいですよね!!!
by dogwood (2008-07-22 04:45) 

dogwood

ネオ・アッキーさん>
ご訪問&nice頂き、ありがとうございます。


hideyuki2007yさん>
niceありがとうございま~す!

by dogwood (2008-07-22 04:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。