So-net無料ブログ作成

Kultur Natten 2008 [コペンハーゲン(町中)]

10月10日(金) 曇り

この夜は「Kultur Natten 2008」の夜。Kultur Natten=Culture Night=文化の夜・・・ってことで、コペンハーゲン市内の美術館/博物館や教会が18:00-24:00の間開放され、普段入れない建物も開放され、あちらこちらで様々なイベントが開催されました。去年は行けなかったので(ってか存在を知らなかった・・・)、「今年は絶対参加するぞ!」と、かなり前から(誰も聞いてないのに)友達に参加表明したり、どこに行きたいか妄想したりしてたんです。

カルチャーナイトのパス(ピンバッジ)は、有人券売所のある駅や主要美術館/博物館やツーリストインフォメーションで購入可能で、大人一人75DKK(約1500円)。入場料や交通手段がタダ(パスを持ってると、市内(どれくらいの範囲かは知らん)の電車やバスががタダ)になると思うと、安いもんよ~♪kultur.jpgなぜにこのデザイン・・・?!

さて、ど~しても行きたかったのが「旧証券取引所(Børsen)」。普段は、デンマーク商工会議所として機能してるため見学不可なんです。BUT!カルチャーナイトのパンフレットには、どこにも「Stock Exchange」とか「Chamber of Commerce」とか「Børsen」というキーワードが記載されてなく、今年から見学不可になったのか?!と心配になり、当日昼に、わざわざ商工会議所の受付まで行って「今夜開放されますか?」と確認。気合い入れすぎ・・・?(^▽^;)?

18時ちょい過ぎに着いたら、既に長蛇の列。どうやらここはデンマーク人にも人気のスポットらしい。デンマークに来て、初めて30分以上並んじゃいました!kultur2.jpg天気悪い・・・

旧証券取引所は、クリスチャン4世の命によって1640年に完成された、オランダ・ルネッサンス様式の建物です。神話の世界で「商業」を意味する4匹の竜が尾を巻いた形の塔が、大きな特徴です。「旧証券取引所」と言われてますが、実際に証券が取引されたのは当然証券が発生するようになった近年。それまでこの中では、高価な宝石や食器などが扱われてたらしい・・・canaltour7.jpg運河ツアーの時の画像。

旧証券取引所の中は、予想通りステキでしたっ!木目な感じと古い(有名な)家具がイイ感じ♪kultur5.jpg暖かみのある、ステキな大広間。kultur6.jpg大広間にいるこのおじさんがクリスチャン4世。kultur7.jpg図書・喫煙ルーム。kultur10.jpg肖像画(誰???)だらけの会議室。kultur11.jpgオフィス。オシャレすぎだよ・・・

色んなライトがあった。蛍光灯じゃないのがステキだわ~。目悪くなりそうだけど。笑kultur8.jpgkultur9.jpgkultur10.jpg

最後に、結構立派なモザイク画を見せて頂きました!kultur12.jpgkultur13.jpgkultur14.jpgツアー終了時(19時半)、外はすっかり真っ暗。

次に向かったのは、クリスチャンボー城。クリスチャンボー城は、1167年に建設された、コペンハーゲン発祥の地です。かつては王宮として使用されてましたが、現在は国会議事堂や女王の謁見の間として利用されてます。私たちの目的は「国会議事堂(Folketing)」。parliament4.jpg暗くなる前の画像。未だに工事中・・・

国会議事堂は、まぁ、イメージ通りでした。でもちょっと手狭な感じ。色んなところに座席表が貼ってあって、人々が群がってた。議員名がさっぱりわからない私たちは素通りでしたが・・・お気に入り議員がいたら、座席表で席を調べて、その人の席の写真を撮ったりするんだろうな~。parliament.jpg「Kultur Natten」の電光掲示板がちょっと興ざめ・・・parliament2.jpg議員同士の距離が近い気が・・・?

それぞれの席に装置が付いてました。きっとこれらボタンで投票したりするんだろうな~。parliament3.jpgちょー触りたかったけど我慢してみた。

この夜は、色んな教会でオルガン、バイオリン、聖歌隊による演奏がされてて、私たちはサンクト・ペトリ教会へ行きました。サンクト・ペトリ教会では、バイオリンによるバッハの演奏があったんです♪教会で聴くバイオリンの音色は、コンサートホールで聴く音色と全然違いました!とっても神秘的な感じ。そして、狭い空間だから音に包まれてる感覚があり、なんとも言えない心地良さを味わいました。sktpetri.jpgいやぁ~、良かった!!!

バイオリンの余韻に浸りながらご飯を食べ、ふらふら帰ってる途中に「Post og Tele Museum(郵便・通信博物館)」の前を通過。そういえば入ったことなかったなぁ・・・と思い、急遽入ることに。「タダだし、しょぼくてもいっか~」と思ってたら、これが、意外に面白かった!!!

郵便・通信博物館では、デンマークの郵便と通信の歴史が展示されてて、結構勉強になった。展示されてる各時代の電話ボックス間で通話出来るようになってたのが良い!もちろん通話した♪post6.jpgpost7.jpgpost8.jpgpost4.jpgpost5.jpgpost3.jpg歴代ポスト~ぉぉぉ!!!(不覚にも暗いっ!)

特に印象的だったのは、吹き抜け部分に展示されてたヒツジたち。この子たち、一見ただのヒツジなんですが、注意深く見ると・・・電話と電話のコードで作られてるんです!post.jpgpost2.jpg

美術館・博物館などだけではなく、この日はデパートなども24時近くまで営業してたので、町中はとっても賑わってました。ストロイエが夜、こんなに人でごったがえるのって、カルチャーナイトか12月31日の真夜中くらいだろうなぁ・・・すっごい違和感たっぷりな、不思議な光景でした。kultur15.jpg人が多すぎ(@_@)

カルチャーナイトって、気軽に文化や芸術に触れる、とっても貴重なイベントなんだと実感。去年参加しなかったのが悔やまれるくらい、とっても満足いく体験が出来ました。こういうイベントって大切だ!

自分が知らないだけで、ジャパンにも似たようなイベントってあるのかな?もしあるようなら、今後参加してみようと思う!

 

 

*関連URL*

Kultur Natten 2008 URL (http://www.kulturnatten.dk/en)英語ページ

国会議事堂関連URL (http://www.ft.dk/default.asp?id={05E8D894-2E5A-4483-82F0-C8B74860893B})英語ページ

Sankt Petri URL (http://www.sankt-petri.dk/eng_start.html)英語ページ

郵便博物館URL (http://www.postogtelemuseet.dk/viewPage.php?id=109)英語ページ


nice!(5)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 11

UD

いやはや充実した夜でした。昨年自分は「Culture Nightで博物館とかタダだよ」ってちゃんと会社の人に聞いていたんですが、全く想像力が働かずガン無視でした。そして皆で家でカレー食べてましたね。今年しっかり体験できてよかった。
by UD (2008-10-14 08:49) 

しおママ

とても貴重な社会見学ができましたね~。うらやましいです。
りんごさんの腕がなりますなっ!興味深いレポートでした。
ところで旧証券取引場にとても現代では考えられないような白いドレスの女性が見えるのは私だけですか?
by しおママ (2008-10-14 10:12) 

snorita

電話の羊がこわい〜。

こういう企画ってほんと、楽しいですよね。
美術館の中で仕事してるみたいだね。
by snorita (2008-10-14 11:16) 

もあ

郊外居住者にはKultur nattenがいつあるのかも届きません(笑)
以前コペンに住んでいる友達が、毎年の様にこの時期に放映される日本の映画の話をしてましたよ。確か(汗)
証券取引場って言うと・・・昔の昔、そこで世界中のワインフェステに行った事を思い出します(笑) また飲む話題に走ってしまった(汗)

しおママさんがおしゃてる様に私も白いドレスの女性みえます。
写真の雰囲気が出ているわ~~(汗汗)
by もあ (2008-10-14 16:29) 

ふゆもえ

一般開放なんて素敵なイベントですね^^
さすが、歴史的建造物のある国(街)ならではです。
・・・うちの周辺では考えられませんーー;
by ふゆもえ (2008-10-14 20:09) 

KAIKAI理江

すんごい充実した内容やね~
旧証券取引所のあの列に並んだのね!さすが!
うちはリンゴ氏たちがツアー終了した時間くらいに出没してみたけど、長蛇の列に見学を断念したクチっす^^;
Post og Tele Museumもけっこういけてるんやね~
意外~
ほんと、羊ちゃんこわいーーー


by KAIKAI理江 (2008-10-14 23:20) 

dogwood

UDさん>
念願の旧証券取引所に行けて、大満足です。そして、意外な発見が郵便・通信博物館!入って良かったです。こういう機会が多ければ、行ってない博物館や美術館にもっと気軽に行けるのになぁ~とちょっと思いました・・・


しおママさん>
さすがです!食いつきポイントが違いますね~。
幽霊ではなく、本当に、そういうドレスを着た女性が映ってますよ!ガイドさんや係員は、みなクリスチャン4世当時の衣装を着てたんです。


snoritaさん>
ヒツジ、やっぱ恐いですか~?笑
遠目はまだいいんですが、近くでみると、顔がヤバかったです!
こういう企画、もっと頻繁にあるといいんですけどね~。やってて知らないだけかもしれませんが・・・


もあさん>
あは。やはり白い女性が気になりましたか?係員はみな、クリスチャン4世当時の衣装を身にまとってるんですよ~。みなさん似合ってましたよ。
そっちの方にはお知らせがいかないんですか?!それは残念です・・・来年も同じような時期にやってるのでぜひ!
by dogwood (2008-10-15 04:43) 

dogwood

ふゆもえさん>
年に一回じゃなくてもっと頻繁に開放してほしいものです。でも、年に一回だから「行きたい!」って思ったり、ありがたみがあるのかもしれないですね。笑
難しいところだ・・・


KAIKAI理江ちゃん>
あの列、意外と進むときはゴソっと進むから、30分以上待つことはなかったよ。
郵便博物館は、お勧め。子供が触れて楽しめるような部分が多いし、大人でも「ほほ~う」と楽しく学べるようになってるし。行ってミソ。


xml_xslさん>
今回もnice頂き、ありがとうございます!
by dogwood (2008-10-15 04:47) 

自由人

証券取引所で働く人たちって美術館のような中でお仕事してるんですね。
充分立派なモザイク画はかつての取引風景でしょうか??
1年越しの念願が叶った素敵な夜だった何よりです(^_^)v
日本でもあるのかな・・・知らないだけであるのかもしれませんね。
by 自由人 (2008-10-15 05:32) 

dogwood

自由人さん>
こんな環境で働くのって羨ましいですよね~。出社するのが楽しくなりそう。(実は毎日見てて飽きちゃってたりして・・・?笑)
モザイク画は、説明があったんですが、デンマーク語だったのでさっぱりわかりませんでした~。ドンマイ。
ジャパンにも、きっと探したらありそうですよね、こういう企画。あってほしい!
by dogwood (2008-10-15 07:13) 

認定NPO法人カルチャーナイト北海道 畑瀬亜紀子

はじめまして。
私はカルチャーナイト北海道の事務局を担当しております畑瀬と申します。
直接のメールアドレスがわからず、コメント欄に記することをお許しください。

私どもは2003年から一年に一度子ども達の夏休み直前の時期に、
札幌版カルチャーナイトを主催しており、今年で13年目になります。
札幌のカルチャーナイトは毎年100以上の会場で実施されており、
約3万人の市民や観光客が楽しんでいます。

さて、カルチャーナイト北海道のフェイスブックページでは、
北海道のカルチャーナイトの情報はもちろんのこと、
カルチャーナイトの発祥地である北欧の情報も織り交ぜながら、
このイベントの魅力を発信しております。
つきましては、コペンハーゲンのカルチャーナイトを紹介する記事の中で、
こちらをページを体験記記事としてリンクを貼らせていただけないでしょうか。

ご検討いただけましたら幸いです。
お返事お待ちしております。

カルチャーナイト北海道フェイスブックページ
https://www.facebook.com/CultureNightHokkaido
公式サイト
http://www.culture-night.com/

--
認定NPO法人カルチャーナイト北海道
office@culture-night.com
畑瀬亜紀子
by 認定NPO法人カルチャーナイト北海道 畑瀬亜紀子 (2015-03-04 13:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。