So-net無料ブログ作成
検索選択

魅惑のヘルシンキ旅行 ~ちょいとご近所に行ってみタリン? 序章~ [旅行(フィンランド)]

せっかくヘルシンキに行くんだから、タリンに行ったりしようかしら・・・?

というわけで、タリン行きを予定に組み込みました。バルト三国って意外とご近所なんですよ。とりわけ、バルト三国の一番北に位置するエストニアとフィンランドは、船で1.5~2時間なんです。estlandmap.jpgわかりにくいかな?

ヘルシンキ(フィンランド)とタリン(エストニア)は、海を隔てて約80km、つまり東京から小田原に行くような距離で、結構近い。イイ具合の時間帯の船に乗船できれば、日帰りでタリンを観光してくることが可能。ヘルシンキからタリンに行くには、フェリーか高速船を利用します。フェリーの方が高速船より安い(フェリー:片道18EU、高速船:片道28EU)けど時間がかかり(フェリー:片道2時間強、高速船:片道1.5時間)、運行数が少ない。どうしようかな~と思ってたら、たまたま見たネットトラベルのサイトで、「高速船1人往復29EU!」というキャンペーンがあったのでそれを利用しました。ラッキー♪

 

3月20日(金)

タリン行きの高速船が7:30出発なので(「1時間前に着いておいて下さい」との指示がネットトラベルよりあった)、5時起床(@_@) 日の出がイイ具合に見られました。hel2-1.jpg5:00 → hel2-2.jpg5:30 → hel2-3.jpg6:00・・・

相変わらず海は凍ってました。6時過ぎにホテルを出て、高速船乗り場へゴー!

高速船乗り場は、まだオフシーズンだからガラ空き。サクッとチケット受け取りができたので、ヒマになってしまった・・・見渡せば事足りるくらいの大きさだし、特に面白いモノもなく、ベンチに座ってガイドブックでタリンの予習をしてみました。乗船時刻が近づき、高速船乗り場に向かいながら「どんな風に出獄・・・出国するんだろう?」「どんなスタンプ押されちゃうんだろう?」とワクワクしてたら、あっさり出国ゲートを通過・・・え?!・・・あっ・・・(T▽T)・・・エストニアってEUなのね・・・

hel2-4.jpgここ通過したらもう船なのよ。

船に乗り、上の方のデッキに向かいました。(人が乗船できるのは7~9階。その下に、車の駐車スペースがあり、あとは機関室とかそういった類の階。)「Limit of Love 海猿」を妄想してこっそり興奮する私・・・笑) 私たちは一番安い乗船チケットだったので、タダで座れるスペース(赤○。9階にしか○してないけど、同じように8階にも7階にもある)に向かいました。ちなみに青○は客室スペース。hel2-8.jpgスーパーやカジノ、免税店もあって結構盛り沢山。hel2-7.jpgタダスペース。これで十分よ!

朝食抜きだったので、高速船乗り場のカフェで買ったシナモンロールと、出発日前日に作って残ってたから持参してた「マドレーヌ型に入ったフィナンシェ」を食べました♪hel2-6.jpghel2-5.jpg美味いよ(≧▽≦)

ところで・・・フィンランドのシナモンロールって「パン系」なんだな~、と気付きました。デンマークのシナモンロールが「デニッシュ生地系」でサクサクしてるのに対して、フィンランドのシナモンロールは「パン生地系」でモチモチしてるんだな~と。これは発見だわ~。

朝食を食べながら外を見たら、寒々しい海の光景が。この時期って、まだ「冬」で海が所々凍ってるので、船の運航は「氷の状況次第で変わります」という注意書き付きなんです。運休の可能性もあったわけで、乗り場に着くまでは結構ドキドキしてたんですよ。意外~と、海は凍ってませんね。hel2-9.jpg嬉しいような残念なような・・・

でも、いざ出発してみると、こんな景色に変わった・・・!hel2-11.jpg凍っとるよ!(@_@)!hel2-10.jpg船で割れる程度の凍り具合だけど。

途中でヘルシンキに向かう高速船とすれ違いました。私たちはこんな船に乗ってたのよ。hel2-12.jpgなぜショッキングイエロー?!

1.5時間が経ち、タリン港に入港。下船したらあれよあれよという間にエストニアに上陸してました。出国の時もそうだったけど、異国上陸っ!!!の感動がなかった・・・(>_<)

ここでエストニアとタリンについてちょっと・・・

「エストニア共和国(Eesti Vabariik)」は、バルト三国の一つで、ラトビア、ロシアと国境を接し、バルト海、フィンランド湾に面してます。エストニアは、13世紀以来、デンマーク人、ドイツ系騎士団、スウェーデン、ロシア帝国に支配されてました。1917年のロシア革命でロシア帝国が崩壊したのち自治獲得の動きが高まり、1918年に独立を宣言。1921年には国際連盟に参加したものの、1940年にソ連に占領され、1941年~44年まではナチス・ドイツに占領されました。第二次世界大戦末期にはソ連が再占領し、戦後はソ連の社会主義化政策が行われました。ソ連崩壊後の1991年に独立回復を宣言し、同年に国際連合に加盟。1994年にロシア軍が完全撤退した後、西欧諸国との結びつきを強固にしていき、2004年にNATOに加入、更にEUに加盟しました。

「タリン(Tallinn)」は、人口約40万人のエストニアの首都で、市街が世界遺産「タリン歴史地区」に登録されてます。タリンの歴史は、1219年にデンマーク王バルデマー2世が十字軍を率いて侵攻し、トームペア城(別途記載)を築いたことに始まりです。(ちなみに、「タリン」とは、エストニア語で「デンマーク人の都市」という意味なんですよ!)

色々な国に支配された歴史を持つエストニア。今まで訪れたヨーロッパの国々とはまったく違うバックグラウンドを持つので、どんなところかまるで想像がつきませんでした。そして、デンマーク人支配時代のデンマーク関連建築物がいくつか残ってるので、色~んな意味で興味深く、訪れるのが楽しみな場所だったりしたわけです!

 

・・・続く・・・

 

 

*関連URL*

ネットトラベルURL (http://www.nettravel-jp.com/)

フィンランド政府観光局関連ページ (http://www.moimoifinland.com/transport/cruise.php)


nice!(9)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 9

コメント 13

ふゆもえ

いつの間に!前回記事も驚きでしたが、dogwoodさんは
アクティブで羨ましいですvエストニアは聞くだけで、
何の情報も知識もない方面ですので、ふむふむ、なるほど~。
勉強になります^^
by ふゆもえ (2009-04-16 09:49) 

わか

ネットトラベルは現地オフィスが対応してくれるんですね。
日本語でとっても分かりやすいページでした。
ショッキングイエローの船はスーパースターと言う名称 ♪ ふむふむ
国内は、佐渡に渡る船が、フェリーとジェットフォイルで、時間もほぼ一緒です ♪
by わか (2009-04-16 20:35) 

自由人

エストニア。自由人はノーマークですので、非常にそそられているのですが、
早朝にもかかわらず、いきなりのフェリーのトリッキーな色使いには、
油断していた自由人、1ラウンドで、早くもジャブを見舞われた心境です。
2ラウンドよりは、気合いを入れてがっちりガードを堅め、「タリン」という、
どことなく気の抜けた(失礼・・・)名前の都市の隠れた魅力を、
手造りフィナンシェとともに、存分に味合わせていただこうと思います(^^)/


by 自由人 (2009-04-17 00:50) 

SHO

タリンに行かれるんだったら おしゃれなカフェ・レストランなど情報を提供出来たのにーー

また次回ということで。

小さくて可愛い街だったでしょう?
by SHO (2009-04-17 04:21) 

dogwood

ふゆもえさん>
近かったので足を伸ばしてエストニアに上陸してみました!
まるでイメージが湧かない場所だったので、終始興奮してました。


わかさん>
実際のチケット手配とかは日本のネットトラベルがやってくれるんですが、現地のネットトラベルもあれこれサポートをしてくれるのでとっても便利だと思います。
スターだから黄色だったんですかね・・・笑


自由人さん>
エストニアってちょっとマイナーですよね。この機会がなかったら絶対行ってなかったと思います・・・(ってちょっとエストニアに失礼ですかね?)
確かに、タリンってかわいらしい響きかも。なんとなく、弱そうですよね。笑


SHOくん>
OH!それを早く言ってよ~!
って、あそっか、考えてみればエストニア通だもんね、キミは・・・むふふ。

うん。めっちゃかわいらしいところだったよ!でも・・・一日で十分かも。小さすぎだわ・・・笑
by dogwood (2009-04-18 17:32) 

dogwood

くまさん>
nice頂き、ありがとうございます!


Krauseさん>
nice頂き、ありがとうございます♪
by dogwood (2009-04-18 17:33) 

snorita

うわー知らないエリアだ!いってみたーい!興味津々です。
海が凍ってる....ううう、画像的に寒いっす。


by snorita (2009-04-18 20:21) 

dogwood

snoritaさん>
ですよね!どうなってるのか想像がつかないエリアですよね。
窓が開いてたら、めっちゃ寒かったと思います・・・海は何度くらいだったんだろう?
by dogwood (2009-04-19 20:26) 

junko

エストニア!そうなんだ、気軽に行けるのね。
きっと何かあったら伊藤英明が助けに来てくれるよ!うは。

>タリンとは、エストニア語で「デンマーク人の都市」という意味
これ、びっくりした!
いろんな国に支配されてたということは
いろんな文化が入り乱れてるのかしら。
興味深々!
by junko (2009-04-19 21:57) 

dogwood

junkoちゃん>
結構気軽よ。
伊藤英明というよりは、仲村トオルに助けてもらいたい・・・池澤さん(T◇T)

デンマークに支配されてたってびっくりでしょ。デンマークもなかなかやるなぁ~と思ったよ。続報を楽しみにしててくれ♪

by dogwood (2009-04-20 14:17) 

europe-trip

海が凍ってる。凍ってる海なんて見たこと有りません。タリンてデンマーク人の都市ですか。一つ賢くなりました。私達はタリンで船を見ましたが、一度も船に乗らないで日本に帰ってきました。トームペア城も懐かしい。その近くで宿泊しました。
by europe-trip (2009-04-25 00:41) 

dogwood

europe-tripさん>
お久しぶりです!
私も初めて、凍った海を見ました!海も寒いと凍っちゃうのか・・・と妙に感心しました。
タリンとデンマークとの関係が深いって全然知らなかったので、この旅はとっても勉強になりました。


hideyuki2007yさん>
nice頂き、ありがとうございます。
by dogwood (2009-04-28 01:06) 

dogwood

いっぷくさん>
nice頂き、ありがとうございます!
by dogwood (2009-05-08 06:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。