So-net無料ブログ作成
検索選択

魅惑のヘルシンキ旅行 ~ちょいとご近所に行ってみタリン? その1~ [旅行(フィンランド)]

タリン港についたのは9時過ぎ。港から旧市街までは徒歩で20分ほど。バスはなく、タクシーに乗るのもな~って感じだったので歩きました。この日のヘルシンキは曇り気味だったんですが、タリンも同じような微妙な天気。そして・・・ヘルシンキより南にあるのに寒い・・・( ̄▽ ̄ll)

旧市街(タリン歴史地区)は、1997年に世界遺産登録された、城壁に囲まれた城塞都市です。ドイツ騎士団が入植してたう中世の面影を今も保ち、ロシアと北欧それぞれの雰囲気も併せ持つ、ユニークな魅力にあふれる貿易と観光の街として知られてます。hel2-13.jpg一番北側の出入り口。

重厚な雰囲気が漂う城壁をくぐると、そこは別世界っ!「旧」市街なだけあって狭い路地、古い建物が沢山並んでるのは予想通りだったんですが、建物の色合いや雰囲気がっ!!!すっごくかわいらしいんです!もっと地味で暗い感じかと思ってた・・・タリンさん、ゴメンナサイ(>_<)hel2-40.jpg石の城壁・・・hel2-36.jpg石畳とパステル調の建物たち!hel2-37.jpghel2-38.jpghel2-39.jpgそしてこれがエストニアの旗!

こんな時期に観光する人はいないのか、ほとんど人に会いませんでした。エストニア人も数人しか見かけなかった。午前中だったからってのもあるのか・・・?

これは、「三人姉妹(Kolm Ode)」と呼ばれる建物です。この3軒は、商家の住宅として15世紀に建てられ、正面の壁が美しく飾られてることからこの名前が付いたそうです。上部に突起してるのはクレーンで、倉庫として作られた屋根裏に荷物を引き上げるために使用されてました。現在は4つ星ホテルとなってるので、宿泊すると内部を見ることができます。(ちなみに、雨が降ると女性の幽霊が窓を閉めに来るという言い伝えがあるらしい・・・微妙に恐い・・・)hel2-18.jpgプリティーだわ♪

もうひとつの中世の住宅として「三人兄弟(Kolm Venda)」というのもあります。hel2-19.jpgこっちは打って変わってストイックな感じだわ・・・

これは「聖霊教会(Puhavaimu Kirik)」。14世紀初めに、市庁舎と救貧院の礼拝堂として使用された記録の残る古い教会です。タリンの他の教会が主に貿易商人たちの信仰で成り立ってたのに比べ、聖霊教会は下層の人々の生活の重要な役割を果たしてました。hel2-22.jpg教会の外観は非常~にシンプル。hel2-24.jpghel2-25.jpghel2-26.jpg

さて、この教会で思いがけない発見がありました。暗すぎて微妙にしか見えませんが・・・hel2-28.jpgデンマークの旗っ!!!hel2-27.jpgこの画像の方がわかりやすいね。

この教会は特にデンマークと関係してるとの記載がなかったので、なんでココにデンマークの旗があるのかよく分かりません・・・旗の下に何やら記述が(エストニ語で)書かれてて、きっとデンマークの旗がなんでここにあるか書いてあるんだろうけど、もちろん読めなくて・・・笑(ちなみに、家に帰って調べても特に何も出てこなかったのよね~。)hel2-29.jpg気になる。

さて、この教会の外壁には、1684年に造られた大時計がくっついてました。hel2-23.jpgタリン初の公衆時計なんだって!

今回、閉まってて入れなかったのがこの2つの教会。左:「聖オレフ教会(Oleviste Kirik)」。124mあるこの教会の塔に登りたかった・・・。右:「聖ミカエル修道院(Puha Miikaeli Nunnakloostri)」。この修道院は、キリストのお告げを夢に見たデンマーク王によって創立された修道院なんです。デンマークっ!!!ってことで是非入ってみたかったんだけどねぇ・・・残念。hel2-20.jpghel2-21.jpg

 

 

・・・続く・・・

 

 

*関連URL*

タリン関連URL (http://www.tallinn.ee/eng)(http://www.tourism.tallinn.ee/

Three Sisters Hotel URL (http://www.threesistershotel.com/

聖霊教会URL (http://www.eelk.ee/tallinna.puhavaimu/

聖オレフ教会URL (http://www.oleviste.ee/


nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 8

hideyuki2007y

タリンクで行くタリン!私も行ってみたかったのですが、なにせ、時間が足りませんでした。バルト3国って歴史的にはロシアとドイツにひどい目にあった、と聞いていましたが、フィンランドも同じような境遇にあったらしいですね。
by hideyuki2007y (2009-04-22 23:30) 

dogwood

hideyuki2007yさん>
こっそり行ったのかな~?と思ってたんですが・・・時間がなかったんですね。残念。
フィンランドもロシアに相当弾圧されてた時期がありましたよね。そういう歴史があるからこそシベリウスのフィンランディアという素晴らしい楽曲が生まれたのかもしれませんね。
by dogwood (2009-04-23 03:46) 

自由人

石畳の街並がロマンチックでよい感じです。小さな町の印象を持ちました。
人影があまりないところを見ると、今はシーズン直前と言うことなのかな?
三姉妹はキュートで可愛らしいのに、三兄弟は外壁がちょっと・・・・
でも、不器用で無骨な感じがして、これはこれでいいのかな・・・(^_^;)

入りたいところに入れないのは残念でしたね!!私もしょっちゅう(T_T)





by 自由人 (2009-04-23 05:54) 

europe-trip

お久しぶりです。懐かしいタリンですね。タリンには、私達夫婦、公衆大時計の前のグレートグルト会館の思い出ノートに日本語で感想書き込んできました。
デンマーク王がデンマーク国旗のデザインを初めて使った地がタリンですから。デンマーク国旗があっても不思議ではありませんよ。旧市街地の中に、デンマークの庭という場所には、デンマーク国旗のデザインが残っています。本当に懐かしい、続き楽しみに待つます。
by europe-trip (2009-04-25 00:28) 

junko

石畳にカラフルなおうち、ヨーロッパって感じの町並みだね!素敵。
私エストニアの旗って初めて見たかも。
色合いがオシャレじゃない?さすがです。

by junko (2009-04-26 19:35) 

dogwood

自由人さん>
はい。残念ながら、微妙~にオフシーズンだった模様です。
だって寒いし天気悪いし・・・やっぱ冬の北国方面はダメですね!笑
入れなかったのは残念です。でも、どこもかしこも空いてたからまわりやすかったってのはある。ということで、オッケーとします!


europe-tripさん>
グレートギルド会館には行かなかったです。行ったら、europe-tripさんのお名前を発見できたかもしれませんね!?
デンマークの庭は、今回の旅の目玉スポットでした。まさかタリンでそんな歴史的?瞬間があったとは思いませんでした。


junkoちゃん>
うん、色合いがオシャレよね。ブルーがいい味だしてる。
カラフルでかわいかったけど・・・ここは、絶対晴れた日に訪れた方がいい場所だと思った。晴れてたらもっともっとキレイに見えたんだろうなぁ・・・
by dogwood (2009-04-28 01:24) 

いっぷく

タリンは行った人が知り合いにもいないため、はじめて聞く地名でした。
エストニアは、あまりなじみのない国旗です。
でもこうしてタリンを知って興味がわきました。
by いっぷく (2009-04-29 20:32) 

dogwood

いっぷくさん>
私も行くと決めてガイドブックを見るまでは、エストニアについてなんにも知らなかったです。イメージすらなかったので、すべてが新鮮で、面白くて、なんだかワクワクしました~。
夏の晴れた日にまた行ってみたいものです。


わかさん>
nice頂き、ありがとうございます!
by dogwood (2009-04-29 22:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。