So-net無料ブログ作成

コペンハーゲンのKIRKE(教会) その1. [コペンハーゲン(町中)]

コペンハーゲンの町中にはたくさんの教会があります。どれもそれぞれステキなので、まとめて紹介しちゃおうと思います♪

まずは、クリスチャンボー城にくっついてる「ハンセンのチャペル(Christiansborg Slotskirke)」。christiansborg.jpgクリスチャンボー城は修復工事中~。christiansborg2.jpgチャペルは四角いのだ。

このチャペルは、1733~45年の間に、クリスチャンボー城が建設された時に一緒に建設されましたが、1794年にお城が火災で燃えてしまった時、一緒に燃えてしまいました。1813年にお城を再建した際チャペルも再建され、それ以降、王室の結婚式などさまざまな儀式が行なわれるチャペルとなりました。しかし、1992年に火災にあい(原因は花火のせいらしい)、チャペルの殆どが燃えてしまい、再度修復が行われて、今の形になりました。 

こぢんまりとしたチャペルの内部は、白基調でとってもすっきり。christiansborg3.jpg装飾が非常に少なく、シンプル。

要所要所に使われてる黄色と赤が、白に映えてステキでした~。christiansborg4.jpgイスの布は肌触り抜群!座ってみたかった・・・

クリスチャンボー城と運河を挟んで建ってるのは、「ホルメンズ教会(Holmens Kirke)」。holmen.jpg全体像がないのね~。

この教会は、1619年に献堂されたデンマーク王立海軍教会で、正十字の形をしています。holmen5.jpg上から見ると十字なのがわかる。(GoogleMapより)

こちらも小さい教会ですが、木目調で、重厚感のある内装でした。holmen2.jpgなんだか渋い雰囲気だわ・・・

海軍教会なだけあり、船の模型があったし、碇のマークが床に描かれてました。holmen3.jpgholmen4.jpgかっこいい~!

クリスチャンハウンには、「クリスチャンズ教会(Christians Kirke)」があります。この教会は、1755~59年に建設され、1769年に尖塔が付け足されました。christians.jpgかなり立派な感じ~。

期待して中に入ると・・・あれ?意外と狭いっていうか、奥行きがない代わりに横に広い!christians2.jpg祭壇の上の装飾が、妙~に存在感がありました。christians5.jpg太陽風・・・?

地味だな~と思いきや、祭壇から振り向くと、不思議な装飾がっ!!!christians3.jpgあれ?なんか、バルコニー席っぽい・・・はて?

よく見てみると、祭壇以外の3面に、こんな風にバルコニー席が付いてました!christians6.jpgなんだか劇場風だわ・・・なぜ・・・?christians4.jpgここにも船の模型がぶらさがってました。

余談ですが、デンマークの王様の名前は、16世紀以降、クリスチャン(Christian)とフレデリック(Frederik)を行き来してます。(マルグレーテ女王(クリスチャンの代)の前はフレデリック、マルグレーテの長男はフレデリック、フレデリックの長男はクリスチャン!)クリスチャン教会は、フレデリック5世によって建てられた教会なので、当時は「Frederiks Tyske Kirke (Frederiks German Church)」と呼ばれてました(この地区のドイツ人居住者のために建てられた教会なので)。そして、1901年に、クリスチャンハウン地区を作ったクリスチャン4世にちなんで名前を「Christians Kirke」に変更したわけです。 名前が変わったことで、アメリエンボー城の近くの「Frederiks Kirke(フレデリクス教会)」と間違えることがなくなったそうです。

 

・・・続く・・・

 

以下もご参照下さい♪←手抜きヤロウ。

町中(ストロイエ近く)の教会(ニコライ教会、聖霊教会、聖母教会、トリニタティス教会)

フレデリクス教会

救世主教会

 

 

*関連URL*

Christiansborg Slot URL (http://www.christiansborgslot.dk/en.aspx

Holmens Kirke URL (http://www.holmenskirke.dk/

Christians Kirke URL (http://www.christianskirke.dk/


nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 5

kanahei

相変わらずリサーチがすばらすいい。

教会って落ち着くしきれいだし、歴史なんかもこうやって調べるともっとおもしろいよね。

しかしクリスチャンスボーを花火で燃やした犯人…ただじゃあ済まされなかったろうねえ…。
by kanahei (2009-07-14 16:39) 

yukitan

ヨーロッパの建物は歴史がある分修復工事中が多いですね。
by yukitan (2009-07-14 16:51) 

junko

ハンセンのチャペルは見た目地味な建物ね!でも中が素敵~。
椅子がピアノの椅子みたいだね。
花火で燃えちゃうなんて、花火を甘くみちゃいけないね。。。
コペンの街が花火の燃えカスでいっぱいになっちゃうのって
年末だっけ?
by junko (2009-07-14 21:31) 

あいこ

うちの近くの教会~♪
もしや写真を撮ったのは、あの日だったりして!?
あの教会、入ってみると意外と狭いし、バルコニーみたいなのがあるし、よくわからないよね。。
しかもバルコニーにはガラスの戸がついてるし。
なぜ・・??

ハンセンのチャペルって入れるんだね。
知らなかった!
この夏にぜひ行かなくちゃ!
そして救世主教会もね(→ܫ←)♡


by あいこ (2009-07-15 05:09) 

dogwood

kanaheiちゃん>
なんか、調べモノ好きかも~と最近思うようになった。笑
教会って色んな背景があって面白いよね。奥が深いよ。
火災の犯人は捕まったのかな~。公式URLの、チャペルの歴史のページには特に言及はされとらんかったよ。


yukitanさん>
そうなんですよね!一カ所終わったかと思うと、また別の所が工事中になったり。そして、工事期間がどんどんずれ込んだり・・・
工事がまったくされてないコペンの街並みを見るのはとっても困難です!笑


junkoちゃん>
かなり地味よね。外観と内装が全然違くって、そのギャップが良かったよ。
ピアノのイスっ!うちは電子ピアノだったからあのイスに憧れたっけねぇ~。
コペンの町が花火の燃えかすでいっぱいになるのは、1月1日!大晦日にみんなで打ち上げまくるのだ。


あいこ!>
そうよそうよ~!まさに、あの日よ~!!!
バルコニーの正体、よく分からないよね~。どういう目的でそうなったのか・・・?URLはデン語だから理解不能だったよ。残念。

ハンセンのチャペルは、開館日時が限られてるので調べてから行った方がいいよ!URLに載ってるぜ。確か、イベントが開催されてない日曜のみだったはず。
by dogwood (2009-07-15 05:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。