So-net無料ブログ作成
検索選択

ソリストがアコーディオニストなクラシックコンサート♪ [コペンハーゲン(町中)]

先ほど、クラシックコンサートを聴きに行って参りました。コンサートホールは、以前ヘルシンボリ交響楽団の演奏を聴きに行った「Konservatoriets Koncertsal」。このホール木目調でとってもステキなんですよねぇ~。(コンサートホールの色々な画像についてはコチラ

0204-1.jpg今回は1階席だったのだ。

今回は、「Sjællands Symfoniorkester(コペンハーゲン交響楽団)」の演奏。デンマークで一番と言われてる楽団のコンサートを聴くのは初めてだったのでかなり楽しみでした。演目は、Sibeliusの「Symfoni nr. 3」、Erkki-Sven Tüürの「Accordeon-koncert Prophecy」、R. Straussの「Till Eulenspiegel」。どれも知らない曲~。そして、指揮者、ソリスト共にフィンランド人。

2曲目は、ソリストが入るんですが、それがなんと、アコーディオニスト(Mika Väyrynen)!オーケストラ+アコーディオンって聴いたことなかったのでどんなもんか興味津津。とっても現代的な楽曲でした。単調で、高いキーが多く、アコーディオン以外ではパーカッション(鉄琴木琴)が目立ってて、とっても不思議な曲。聴いてるんだけど、ふ~っと魂が抜けるような感覚があった。寝てたとか意識が朦朧としてたとかそういうんじゃなくてね。

アコーディオンの演奏を初めてマジマジと見ましたが、あれってスゴイのね!だって、たくさんあるキーを間違えずに、しかも両手で別々の動きをしながら押し、更に、両腕を動かしながら蛇腹?を押し引きするわけでしょ。しかも、アコーディオンって15kgくらいあるでしょ…店舗が早い場面が多かったので、ミカの手はスゴイことになってました。あれだけ早く動いてて、よくつらないな~と感心しちゃったよ。神業的。

アコーディオンと言えば、街角の演奏者を連想しちゃうじゃないですか。なので「ふーん」って軽んじ気味だったんですが、あれとミカとを一緒にしちゃいけなかった。ミカに失礼だった。ミカごめんっ!

ってか、急にcobaのアコーディオン生演奏を聴きたくなった~。

あとで調べてわかったんですが(事前に調べとけって?)、ミカ、世界的に有名な売れっ子アコーディオニストだったみたい。色んな国のオーケストラと演奏したり、単独で演奏したり、世界中を飛び回ってるみたい。そして、現代曲、協奏曲、古典の編曲もの、室内楽、タンゴ…と驚異的なレパートリーを持ってるんですって。

0204-3.jpgミカ。ボケた。mika_scandalli_350.jpgミカ(ミカURLより。)

コンサートでも、こんなアコーディオンを弾いておった。スゴイ数のキーでしょ!!!

そうそう、今回の指揮者。気になったのが、彼の指揮中の姿勢。一曲目と三曲目は楽譜をちらちら見ながら、でもほぼオーケストラを向きながら指揮してたんですが、二曲目は、98%楽譜を見てた。首が真下(楽譜)を向きながら、両腕だけがオーケストラの方を向いててさ。楽譜見過ぎ―!って感じ。なんでなんだろう?二曲目は暗記してなかったとか?不安要素が多いからとか?

あと、いつも気になるんですが…こっちの演奏者って、結構楽器を放置するんですよねぇ~。まぁ、誰も取ったりりはしないけど、誰かがうっかりぶつかったり、楽器がふと倒れたりしちゃわないとは限らないじゃない。心配じゃないのかなぁ…?

0204-5.jpg0204-2.jpg

全く知らない楽曲でしたが、3曲とも興味深く聴くことができました。今回の収穫は、アコーディオン演奏かな、やっぱ。コンサートって行く度に色々な発見があって面白いな~。

 

アコーディオン+オーケストラってなかなかないかも!と思われたら♪ぽちっ♪とお願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 2

えっ?

呼んだ?!(笑

私は1曲目と最後の曲がよかったよ(笑
アコーディオンの人凄い有名だったんだね。知らなかった!
by えっ? (2011-02-06 08:25) 

dogwood

ユー>
イエス!書きながらずっとユーのことを思っておった。むふん。
アコーディオンの演奏ってなかなか聞けないから(ストロイエの人除く)ちょっと面白かった~。
できれば、あのホールではもっと普通な(笑)クラシックを聴いてみたいわ。


atoriさん>
nice頂き、ありがとうございます!
by dogwood (2011-02-07 17:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。