So-net無料ブログ作成
検索選択

とっても地味な、デンマークの世界遺産 [旅行(デンマーク ユトランド半島)]

デンマークには3つ世界遺産があります。シェラン島にあるクロンボー城ロスキレ大聖堂。この2つは結構有名で、メジャー観光どころになってます。そして、名前を聞いたら、「ああ、城か」とか「ああ、聖堂か」とイメージが簡単に湧きます。もう1つの世界遺産は、ユトランド半島(ユラン)にあるんですが…

知ってる人は少なく、そして名前を聞いても「???」って感じ。それは…

「イェリング墳墓群(Jelling Mounds, Runic Stones and Church)」。

…え?

私も名前を聞いて、「ふ~ん。石/墓ね」くらいの印象しか抱けず&シェランからは遠く、わざわざそれを見るためにユランに行くほどのモチベーションもなく、数年間放置してたわけ。でも、コペンを去ることが決まった時、「最後だし、きっと二度と訪れる機会はないだろう」と言うことで、ユランに遊びに行ったついでに見て来ることにしました。

イェリング墳墓群は、ユランのイェリング(Jelling)近郊で発見された、ルーン文字の刻まれた、10世紀の石碑で知られる墳墓群で、その石碑は、デンマークの国家起源を示す貴重な文字資料とされ、1994年に世界遺産登録されました。

これらの石碑は、イェリングの教会墓地にある、大きな2つの古墳の間に建てられてます。 

jelling10.jpg教会墓地。その両側に…jelling4.jpgこんな古墳があるのだ。jelling11.jpg上空図。赤:古墳、黄:石碑場所

早速敷地に入って石碑を見てみると…修復工事中…( ̄д ̄)エー

jelling2.jpg(工事中で)しょぼさ倍増!笑

この石碑は、「ゴームの石碑」と呼ばれ、高さ1.4m、幅1m、厚さ50cmの直方体に近い形状をしてます。ゴーム王(~940年)が亡くなる少し前に建てられたと考えられてます。石碑には、「ゴーム王は、デンマークを救った妃のチューラを記念してこの石碑を建てる」とルーン文字で刻まれてるらしい。フェンスや木の棒のせいであんまりわからんかった…感激薄…

jelling1.jpgこっちは比較的立派。工事中だけど。

もう1つの石碑は、「ハーラルの石碑」と言われ、高さ2.4m、最大幅2.9mの不定形の石碑であり、ゴーム王の息子ハーラル青歯王(935~985)の存命中の983年頃に建てられたと考えられてます。「王であるハーラルは、父であるゴームと母であるチューラを記念してこの碑を建てる。ハーラルはデンマークとノルウェーを勝利によって獲得し、デーン人をキリスト教へ改宗した」と刻まれてるらしい。 

予想通り、「石だね…ふーん」で終わってしまった…工事中じゃなかったらもっと詳しく間近で見られて、もう少しは「ほほ~」って感じだったかもしれない…ドンマイ…

気を取り直して、教会に入ってみました。

jelling3.jpg入口付近に世界遺産登録証!

白基調のすっきりシンプルなデザインの、小さい教会でした。

jelling7.jpgブルーがアクセントに!jelling8.jpg床の模様がちょっとステキで…jelling9.jpgステンドグラスの模様と合ってました。

アクセントに使われてるブルーが爽やかさを演出してました。海をイメージしてるのかな?床/ステンドグラスの模様が波っぽいし。

jelling6.jpgデンマークの教会お馴染みの船模型あり。 

この床の模様、一部だけシルバー(他の部分は黒御影石)が使用されてるんです!一瞬、チャームポイント?と思ったんですが、ちゃんとした理由がありました。ゴーム王の骨が見つかった場所を示してるですって!(1970年代に教会の修復工事を行った際、50過ぎの男性の骨が発見されました。この人骨はゴーム王のものだろうとされ、発見場所を示すために床の模様をシルバーにしたんだとか…)

jelling12.jpgね、一部だけシルバーでしょ。

教会見学後、古墳に登って教会墓地敷地を見下ろしてみました~。意外と高い。そして、晴れてるからなんだか景色が良い~♪

jelling13.jpgjelling14.jpg

教会の近くに、巨石遺跡を発見!デンマーク各地に、この手のお墓が点在してるんです。

jelling5.jpgこれは、誰のものだろう…?

とっても地味なデンマークの世界遺産「イェリング墳墓群」。デンマークの歴史を知る上で、とっても重要な文化遺産なんだろうなと言うことはわかった。が、感動が少なかった…修復工事中だったからかな…?…いや、単に、石だったからかもしれない…。

「何かのついで」に、行くのをオススメします。笑 

地味だけど、やっぱすごいものなんだろうね…!と思われたら♪ぽちっ♪とお願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ


nice!(7)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 7

コメント 7

atori

歴史的に重要なんだろうけど、ちょっぴり地味かなぁ。。。
こういう石碑を見て、わ~っ!すご~いってあんまりならないいものね(苦笑)。
でも、教会の中は素敵です♪
床の模様も珍しいし、天井からのランプもいいですね~。
by atori (2011-08-28 17:50) 

いっぷく

やっぱり石は何年経っても残りますね。
最後の写真の石積みなんかどうやって乗せたんだろうね。
イギリスにも有名なストーンヘンジ以外にも石の遺跡が
多いんだけどその周辺では見かけないような大きな石が
ドデンとあると存在感と不思議感がありますよ。
観光客が群がるのは有名どころだけですが・・・。
古墳なんかを見ると日本との共通点もありそうな感じですね。

by いっぷく (2011-08-28 22:58) 

dogwood

atoriさん>
地味ですよね。笑
でも、歴史的に重要なんだってことはわかりました。
この教会、デザインがシンプルですが、なんか良いですよね。


いっぷくさん>
イギリスにも、たくさん石関係の遺跡がありますね!
石の遺跡って、不思議ですよね~。誰が何のために!?って考えちゃいます。
古墳、中には何もなかったみたいです…


ふゆもえさん>
nice頂き、ありがとうございます!


Ronnieさん>
nice頂き、ありがとうございます♪
by dogwood (2011-08-31 15:55) 

dogwood

とみっちさん>
nice頂き、ありがとうございます☆


yu-papaさん>
nice頂き、ありがとうございます!
by dogwood (2011-08-31 15:56) 

darkhorse

博物館にはいきましたか?デーン人の歴史を学ぶには満点の施設です.もし観ていないなら,ぜひ,もう一度訪れてみてくださいな.
by darkhorse (2011-08-31 22:06) 

dogwood

darkhorseさん>
コメント&nice頂き、ありがとうございます!
博物館があったんですか?!それは知りませんでした…見落とした…

by dogwood (2011-09-02 15:48) 

getobject

このハーラルの石碑、千葉県船橋市のふなばしアンデルセン公園内に原寸大のレプリカがありますよ。在日デンマーク大使館より寄贈されたとのこと。一見の価値ありです。
by getobject (2013-10-11 16:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。