So-net無料ブログ作成

フレデリクスベア公園散策 ・・・近すぎる鳥たち [コペンハーゲン(町中)]

フルートのレッスンに行く度に横を(バスで)通過するフレデリクスベア公園。友人がしょっちゅうハイイロガンにパンをあげに行くフレデリクスベア公園。

・・・気になる・・・

というわけで、行って参りました~!フレデリクスベア公園へ。「フレデリクスベア公園(Frederiksberg Have)」は、31.7ヘクタールの敷地を持つ、コペンハーゲンで最も大きい公園です。公園にはいくつか入口があり、私はFrederiksberg Alleの入口から入りました。fred.jpgご立派な門♪

公園に入るなり、友人に電話。「ハイイロガンって公園のどの辺にいるの?」と聞くと、「この時間帯だと・・・」「ハイイロガンとマガンは仲が悪いから・・・」「この時期だとまだクチバシが黄色くない子供が・・・」と、様々な情報を!さすが、ハイイロガン友の会会長。ハイイロガンの生態を良く理解してらっしゃる!

耳寄り情報を聞いたものの、つい、別の場所で立ち止まってしまった私。fred15.jpgなぜなら・・・

fred2.jpgボクがいたからでしょ。ウフッ♪

この日の目的は「ハイイロガンと戯れる」だったんですが、この方にはめっぽう弱い私。というわけでこの、水鳥がまばらなスポットに落ち着いちゃいました。このはくちょう(恐らく雄)、泳ぐのに飽きたのか、ずっと芝生の上にいました。パンを食べる→グルーミング→パンを食べる→グルーミングの繰り返し。間近で見るはくちょうのグルーミングはちょっと恐かった。だって、首が・・・(T▽T)fred16.jpgfred17.jpg

気付いたら、嗅ぎ付けた水鳥たちが集まり始めてました。ラッキーなことにこの方たちも。fred7.jpgボクらがハイイロガンだよ。

初めて間近で見るハイイロガンは、とっても興味深かった!というのも、かなり立体的で硬そうなクチバシ。体に対して太くて長い足は肌色でちょっちグロい・・・。走るのが速そうな足だと思ったら、全っ然。むしろくヨタヨタしてた・・・そして、まあるくてチャーミングなお尻っ!fred5.jpgfred6.jpgfred14.jpgセクシーショット。

ついでにサギも、距離を保ちつつもエサを狙いにやってきた!fred8.jpgfred9.jpgfred10.jpgワルそうでツヨそう。

この公園の子たちはエサを貰い慣れてるのか人間を怖がらないのか、すっごく「近い」。あまりに近くて、こっちが後ずさるくらい。なんていうのかな~、初対面な時って、お互いある程度の距離を保つじゃないですか。なのにその距離を保たずにこっちの空間にズズっと入ってくる人っているじゃないですか。そういう人に自分の空間に入ってこられた時に感じる、焦りを覚えた。ってわかりますかね?鳥相手に焦ってどうするって話ですが・・・笑

どんだけ近いかと言うと・・・こんくらい。1人ならまだしも、数人にこんだけ近寄られたらちょっとビビるでしょ。カモなんかは足をつっついてきたよ・・・(^▽^;)fred11.jpgそんなにお腹が減ってるのか?!

唯一嬉しい大接近は、もちろんこの方と。しゃがんでも全然逃げないのよ~♪fred12.jpg「ふっ」て吹いたら羽毛が揺れる距離。fred19.jpg触りたかった。コレ絶対気持ちいいよ。

ハイイロガンと戯れてて気付いたことが。「この子たちって瞳がすごくつぶらじゃない・・・?」fred18.jpg切なさを覚えるつぶらな瞳。

はくちょうは目の周りが黒いせいか目の輪郭がぼやけるけど、この子たちは目の輪郭がはっきりくっきりわかるので、目の表情がよく分かる。しかも、すっごく凝視してくるから、非常~にかわいい。友人がハマる気持ちが分かったぞっ(*´ー`)

今回何気に楽しかったのが、カラスとの交流。1人だけカラスが混じってて、パンをあげようとカラスを見ると、「お、オレにくれるのかい?」と私を見、私がパンを投げる瞬間までアイコンタクトを取り、ほおったパンをクチバシでキャッチするんです。そしてキャッチした後、「オレは取ったぜ!」とアイコンタクトを取るんです。偶然かなと思って何度かやってみたら、毎回、ちゃんとアイコンタクトを取るんですよ。カラスと通じちゃった~♪いや、ホントですよっ!!!

パンがなくなった事に気付き、それぞれの生活に戻る鳥たち。fred13.jpgくつろぐカモたち。fred20.jpg片足立ちで寝るハイイロガンたち。

天気が良かったので、引き続きフレデリクスベア公園を散策することにしました。

・・・続く・・・


nice!(3)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 7

ハイイロガン友の会会長ことyamawaki

おお!!会員第1号よ!
貴女もハイイロガンの魅力にとりつかれてしまったようですね。
そうなんですよね~あの公園の水鳥さんたちは皆さん、土足(土水掻き?)でズカズカ入ってくる感じ。平気で足を踏んづけてきたり、スニーカー(白)をパンと間違えてつついてきたりと、お茶目な行動ばかりするのよ~。勿論パンは手から食べちゃうしね。
しかも水鳥のくせにあんまり池にも入らないし……。犬のように芝生を徘徊してるでしょ?
ああ、彼らの話を始めたら止まらないわ~~~。
by ハイイロガン友の会会長ことyamawaki (2009-07-17 05:32) 

SHO

かなり良い感じですね。。

いつも前を通り 入って見たいと思うが時間がなく。。
まだ未開の地ですね。

近いうちに時間を見つけていってみましょうかね。。
by SHO (2009-07-17 06:36) 

やん

おっ 行ってきましたねあの公園。
私はお仕事で週1あそこにいます、今日もいました。
りんごちゃんへのお勧めは公園内のボートに乗って水鳥たちを眺めるっ です。短いコースなのだけどミニ滝とかもあったりしていい感じ、もちろん水辺に戯れる水鳥さんたちをたくさん見ることができます。 (ボートをこいでくれるお姉さんも親切に鳥たちのことを説明してくれます。)

そっ、それにしても白鳥近いねぇ。。。。


by やん (2009-07-17 07:16) 

UD

鳥好き人の楽園のような公園ですね。今後いきましょう。
by UD (2009-07-17 10:44) 

dogwood

yamawaki会長>
お陰様でハイイロガンと戯れることができたよっ!ハイイロガン、かわいかっった・・・「そうは言ってもカモ系でしょ~」とナメてかかってました。会長、ハイイロガンさん、ごめんなさい。
ビビったけど、この「近さ具合」が慣れると面白いかもしれない!フレデリクスベア公園にはまりそうだわ~。


SHOさん>
かなり広くて、かなりイイ感じだよ!人が沢山いても広いから、全然混んだ雰囲気がなく、Islands Bryggeの運河沿いの芝生やRosenborg Haveよりはくつろげる気がした。ゼヒゼヒ♪


やんちゃん>
はろー、やんちゃん!
ボート、そう言えばちらっと見かけた。あれって個人のものじゃなくて公園のもので乗れるのねっ!!!ステキ~。今度乗ってみるわ。
週一で行ってるのか~。仕事とはいえ、気持ちがリフレッシュできる空間に行けて良いね。

はくちょう近いでしょ・・・笑える。


UDさん>
フレデリクスベア公園がこんなに面白いと思いませんでした!散策しがいのある公園です。かっこいいカモメもちらほらいましたよ~。絶対行かなきゃいけません。
by dogwood (2009-07-17 17:10) 

いっぷく

ロンドンのハイドパークにもハイイロガンがいますが、
カナダガンもいます。
飛べるのに水上や陸上にいるときが多いですね。
by いっぷく (2009-07-18 13:02) 

dogwood

いっぷくさん>
コペンのハイイロガンも、芝生でひょこひょこ歩いてました。飛んだり泳いだり(変な言い方ですね)した方が数倍速いだろうに、歩いてあちこち移動してました・・・歩く姿がまたかわいいんですけどね~♪


飛騨の忍者 ぼぼ影さん>
nice頂き、ありがとうございます!
by dogwood (2009-07-19 19:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。